日本初! ハイジュエリーメゾン「ショーメ」の伝統と歴史を感じられる展覧会へ

美しいジュエリーデザインを鑑賞できる
  • 美しいジュエリーデザインを鑑賞できる

丸の内再開発プロジェクトで、19世紀にジョサイア・コンドル氏設計で建築された初のオフィスビル「三菱一号館」を復元した三菱一号館美術館。常設展は設けず年3回の展覧会を開催しており、2018年6月28日(木)~9月17日(月・祝)の期間、『ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ』の展覧会を開催する。

ヴァンドーム広場に軒を連ねるハイジュエリーメゾンを代表するショーメは、1780年に創立された老舗メゾン。ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌ御用達のジュエラーとして、上流階級の女性を中心にヨーロッパ各国で人気を博し、儀礼や社交の場で権力の証として着用されてきた。そして今回、ルーヴル美術館名誉館長アンリ・ロワレット氏監修の下、18世紀後半から現代まで、約240年に及ぶショーメの伝統と歴史を紹介する日本初の展覧会を三菱一号館美術館で開催。ロマン主義、ジャポニスム、アール・デコといった芸術潮流との対話の中で洗練された作品―ダイヤモンドのティアラやネックレス等の宝飾品と、未発表のデザイン画等約300点を展覧している。

長い歴史を経ても色あせないショーメの美しい宝飾芸術。作品の歴史背景を感じながら、美しいジュエリーデザインを鑑賞することができる魅力的な展覧会となっている。【東京ウォーカー】

■ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界 ―1780年パリに始まるエスプリ
場所:三菱一号館美術館(東京都千代田区丸の内2-6-2)
会期:2018年6月28日(木)~9月17日(月・祝)
開館時間:10:00~18:00(金曜、第2水曜、9月10日(月)~9月13日(木)は21:00まで/入館は閉館時間の30分前まで)
休み:月曜(7月16日、9月10日、9月17日、トークフリーデーの7月30日、8月27日は開館)
主催:三菱一号館美術館、ショーメ
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
協賛:大日本印刷
電話:03-5777-8600(ハローダイヤル)
展覧会サイト:http://mimt.jp/chaumet

東京の街情報は東京ウォーカーWEBで!【街ニュースをもっと読む】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報