12年越しの復活に声優陣も感動! 劇場版「TRIGUN-Badlands Rumble-」公開初日舞台あいさつ

初日舞台あいさつに登場したキャストの皆さん
  • 初日舞台あいさつに登場したキャストの皆さん

テレビシリーズ放送から約12年を経て、劇場版「TRIGUN-Badlands Rumble-」が映画化され、その公開初日となる4月24日、都内の池袋シネマサンシャインにて舞台あいさつが行われ、主人公ヴァッシュ・ザ・スタンピード役の小野坂昌也をはじめ、ニコラス・D・ウルフウッド役の速水奨、アメリア役の坂本真綾、西村聡監督、原作者の内藤泰弘氏が登場した。

本作は、'98年にテレビアニメ化され人気を博した、内藤泰弘氏原作による漫画の劇場版アニメ化作品。地球から遠く離れた惑星を舞台に、賞金首のヴァッシュとその仲間たちが繰り広げるガンアクションだ。劇場版では、テレビアニメ化された当時のキャスト、スタッフを中心に、悪人だがどこか憎めないアウトローたちの活躍を、劇場用オリジナルストーリーで描いていく。

12年越しの劇場版の公開ということで、会場は年季の入った熱いファンたちで満員に。劇場版を楽しみにしていたのはキャストも同じようで、小野坂は「劇場版になるという話は前から出ていたのに、なかなかオファーが来なくて…劇場版は新しいヴァッシュが生まれると思ってました(笑)」とジョークで観客を笑わせつつ、「12年ぶりの復活は感慨深いですね。アフレコスタジオにかつてのレギュラーメンバーがそろった時は感動しました」とうれしそうにコメント。同じくテレビシリーズのレギュラーであった速水も「懐かしいだけじゃなく、新しい面々が加わり新鮮でしたね」と感慨深げな様子だった。一方、劇場版から参加した坂本は「12年分の思いが詰まったキャストやスタッフの中に入るということで、本当に緊張しました」と告白しつつも、「アメリアも今回の物語で初めてヴァッシュと出会うということもあり、気持ちをシンクロできました」と語った。

「見どころは?」という質問には、小野坂は「音響が特にすごくて、銃によって薬きょうの落ちる音が違うんです。数えきれないほどの薬きょうが落ちていく音が、5.1chで劇場内を駆けめぐります!」と興奮気味にコメント。速水は「悪党の集まりみたいな映画なんですけど、そんな彼らがいとしいんです。特にヴァッシュと敵対する3人の悪人がすごくかわいいです」と語った。そして坂本は「ウルフウッドとアメリアが背中越しに会話するシーンが印象的でした。ウルフウッドが格好いいんですよ!」と力説し、途中思い出したように「あ、もちろんヴァッシュも…」と慌ててフォロー。それに対し、小野坂が「いいんです。ウルフウッドの方が格好いいって言われ慣れているから」とすねた表情を見せ、会場の笑いを誘った。

また、劇場版を手掛けるのは今回が初めてとなる西村監督は「光の加減にこだわりました。水のない世界の強い太陽の光とかですね。12年という間が空いていますが、時間差を感じさせないように、良い意味で当時と変わらない映像作りを心掛けました」と映画化に当たってのこだわりをアピール。最後は、原作者の内藤氏が「誰が見ても楽しめる映画だし、ファンが見たらグッとくる場面がたくさん散りばめられています。楽しんで作ったので、皆さんもぜひ楽しんで見てください」とファンへ語り掛けた。

映画「劇場版『TRIGUN-Badlands Rumble-』」
池袋シネマサンシャインほか全国で公開中

公式HP
http://www.trigun-movie.com/

キーワード

[PR] おすすめ情報