倉本聰、「やすらぎの郷」続編で34年ぶりのオーディションを開催! 物語の重要な紡ぎ手となる若手俳優を募集

倉本聰が脚本を手掛ける「やすらぎの刻~道」は2019年4月スタート
  • 倉本聰が脚本を手掛ける「やすらぎの刻~道」は2019年4月スタート

2019年4月に、テレビ朝日開局60周年記念作品としてスタートする帯ドラマ劇場「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系)。倉本聰が脚本を手掛ける本作で、出演者オーディションを開催することが分かった。

本作は、2017年4月~9月に放送され大好評を博した「やすらぎの郷」の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』を映像化し、新たなドラマ『道』の展開とともに、「やすらぎの郷」のその後も合わせて描いていく。

ドラマ「道」は、山梨のとある山間の村を舞台に、昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯をつづるもので、テーマは“ふるさと”。昭和初期から始まり、戦中、戦後、平成という時代の移り変わりを1年間を掛けて丁寧に描いていく。

作品の前半の主演は清野菜名。戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半、いわば主人公の晩年を八千草薫が演じる。80年間にわたって物語が続いていくため、時代の変遷とともに多くの登場人物が予定されており、さまざまなポイントで物語を盛り上げる重要な役が出現する。

そんな多彩かつ魅力的なキャラクターを演じる人材を求めて、番組ではオーディションを開催し、若手俳優を積極的に抜てきしていくことが決定。応募条件は15歳〜35歳の男女で、経験は不問。採用人数は10~20人程度を予定しており、すばらしい人材との出会いがあれば、人数に制限なく採用するとのことだ。

また、倉本が手掛けたドラマでは、1984年放送の「昨日、悲別で」(日本テレビ系)でオーディションが行われ、天宮良を主役に抜てきし、当時、大きな注目を集めたが、以来、倉本作のドラマでこのような大規模オーディションが行われるのは34年ぶりのこととなる。

倉本は、「このたびテレビ朝日開局60周年企画、『やすらぎの刻~道』のオーディションを行います。日本を代表する名優たちがキラ星のごとく出演しますが、この大スターたちの胸を借りてあまたの若い逸材を育てようというのが今回のオーディションの大目的です。無名有名にかかわらず多くの若い才能の参集をお待ちしております」と力強く呼びかけた。

「やすらぎの刻~道」
2019年4月スタート
テレビ朝日系で放送


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報