サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

乃木坂46の井上小百合と寺田蘭世が語る「継承すべき“老舗の味”」とは?(1/2)

乃木坂46・井上小百合(右)&寺田蘭世(左)にインタビュー
  • 乃木坂46・井上小百合(右)&寺田蘭世(左)にインタビュー

2011年8月にグループが結成され、翌年の2月22日に1stシングル「ぐるぐるカーテン」でデビューした乃木坂46が、節目となる20thシングル「シンクロニシティ」を4月25日にリリース。

1期生として約7年間にわたり活動してきた井上小百合と、2期生として約6年の月日をグループで過ごしてきた寺田蘭世に、メンバー間で見られる“シンクロニシティ=意味のある偶然の一致”や、これからの乃木坂46について聞いてみた。

「ドアが開いたらそこに生駒ちゃんが立ってた(笑)」(井上)

――お二人の間で「シンクロニシティ」な感覚を共有したことはありますか?

寺田:つい先ほど、「おおっ!」という発見がありました。

井上:話をしている中で、“思い立ったらすぐに行動する”という性格的な一致を見つけたんですよ。あまり先の予定まで分からないスケジュールで仕事をすることが多いので、時間が空いたらすぐに行動しないと何もできないんです。「何かしなければ人生がもったいない!」って思って。

寺田:私も全く同意見なんです。でも、意外とメンバー同士のシンクロニシティって多くない気もしますね。

井上:街中で偶然、乃木坂46のメンバーに会ったことはある?

寺田:あっ、あります! わりと最近なんですけど、洋服を買いに行ったら同じお店に(星野)みなみちゃんがいたんです。

井上:へぇ~。まさに偶然だね。

寺田:そうなんですよ。ばったり会った時の二人の第一声が『えっ!? キモっ!』でした(笑)。すごく仲良しなんですけど、お互いに性格は真逆のタイプなんですよ。しかも、私服の趣味も全然違うから、まさか同じお店で会うなんて。まさにシンクロニシティです。

井上:私は生駒(里奈)ちゃんとばったり会ったことがあるよ。ドアが開いたらそこに生駒ちゃんが立ってたの(笑)。仕事とは全く関係ない場所だったんだけどね。まいちゅん(新内眞衣)と遭遇したこともあったなぁ。街中で芸能人の方を見かけたことは一度もないのに、なぜか乃木坂のメンバーとは会ってしまうというのが不思議です。生駒ちゃんとは3回ぐらい遭遇しました(笑)。

――その初代センターを務めた生駒さんの卒業ほか、欅坂46ら坂道グループの合同オーディションも行われますが、今後の乃木坂46は変わっていきそうですか?

井上:意外と変わらない気がしています。結成からの7年間、本当にいろんなことがありました。生駒ちゃんがAKB48さんと兼任になったときも、何かが変わってしまいそうだったんですけど、根本的な部分は乃木坂46のままでしたから。

寺田:メンバーが卒業すると「あの子が卒業するなら自分も(ファンから)卒業だ」って思う方はいると思います。でも、乃木坂46には箱推し(個別のメンバーではなくグループ全体を応援すること)のファンの方が多いようなんです。だから、そういう人たちについてきてもらえるように、大切な部分は変わらないようにしたいですね。

井上:メンバーそれぞれの中にある“軸”がブレないようになったと思います。

寺田:そうですよね。卒業する生駒さんが、「みんなが“紅白”(「NHK紅白歌合戦」)に出ているのを外から見てみたい」っておっしゃったんですよ。それを聞いて、使命感と言いますか、ハッ!とさせられる思いがしました。今後は後輩も増えていくでしょうから、1期生の皆さんに教えていただきながら一緒に作ってきたものを、次の世代に受け継いでいきたいです。未来につながるように変化する部分もありながら、大事なものは守るという…老舗の味噌屋さんがその味を受け継ぐように。

井上:う~ん、そうだね(笑)。メンバー個々がいろんなジャンルで活躍しながら強くなって、それを持ち帰って集まったら、私たちらしさを残したままさらに強くなれる気がします。

井上&寺田がプライベートで挑戦したいことは?(2/2)
  • 1
  • 2
◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

[PR] おすすめ情報