福岡で絶対食べたい!平尾・高宮エリアで行くべきラーメン店3選

鶏清湯醤油の名店「はや川」登場、さらに高宮通りの名物店だった「新風」も復活オープンするなど、ますます沸く平尾・高宮エリア。さらに「まるげん」や「Tetsuji」など、ラーメンだけでなく多彩なつけ麺が楽しめるのも魅力だ。

博多中華そば まるげん

博多中華そば まるげん /「平麺つけそば」(730円)。 肉系×魚介のダブルスープの虜に
  • 博多中華そば まるげん /「平麺つけそば」(730円)。 肉系×魚介のダブルスープの虜に

「平麺つけそば」(730円)は、緩いウェーブを加えた麺がつけ汁によく絡む。特製スープで割り、最後まで飲み干すのもいい。麺に添えられたスダチを搾ると柑橘の風味が立ち、よりさっぱりとした味わいに。

博多中華そば まるげん / 魚介系中華そば&つけ麺を福岡に広めたパイオニア
  • 博多中華そば まるげん / 魚介系中華そば&つけ麺を福岡に広めたパイオニア

魚介系中華そば&つけ麺を福岡に広めたパイオニア。カツオ節、煮干し、昆布、シイタケなど、天然素材から取った和風ダシが味の要。豚骨・鶏ガラスープとかけ合わせ、独自のダブルスープを完成させた。濃密なつけ汁とモッチリとした多加水麺がよく絡む。

[博多中華そば まるげん]福岡市中央区平尾2-2-18 / 092-522-8848 / 11:30~23:30、日、祝~23:00(LO各10分前)※売切れ次第終了 / 月曜休み(祝日の場合火曜)

つけ麺 Tetsuji

つけ麺 Tetsuji / 「もつつけ麺(白)」(880円)。モツと魚介オンリーのダシが特徴
  • つけ麺 Tetsuji / 「もつつけ麺(白)」(880円)。モツと魚介オンリーのダシが特徴

“博多もつつけ麺”を掲げるつけ麺専門店。良質な国産丸腸を具に加えるほか、豚骨や鶏を使わない乾物を主体とした魚介ダシのつけ汁、ライ麦全粒粉の自家製麺を作るなど、和食出身の店主のこだわりが随所に詰まる。定番の白か、辛さを立てた赤からチョイスしよう。

つけ麺 Tetsuji / レアチャーシューがたっぷりのった「ミニチャーシュー丼」(200円)
  • つけ麺 Tetsuji / レアチャーシューがたっぷりのった「ミニチャーシュー丼」(200円)
つけ麺 Tetsuji / 2017年6月にオープン。系列の居酒屋で人気のつけ麺に特化
  • つけ麺 Tetsuji / 2017年6月にオープン。系列の居酒屋で人気のつけ麺に特化

サブメニューの「ミニチャーシュー丼」(200円)は、つけ麺と同じく低温調理のレアチャーシューを使用。出す前に軽く炙る。

[つけ麺 Tetsuji]福岡県福岡市中央区平尾1-9-8 / 092-707-0068 / 11:30~15:00、18:00~24:00(LO23:30) 、変更の場合あり/ 不定休

地鶏らーめん はや川

【写真を見る】地鶏らーめん はや川 / 「地鶏醤油らーめん」(720円)。地鶏、魚介の旨味が幾重にも!
  • 【写真を見る】地鶏らーめん はや川 / 「地鶏醤油らーめん」(720円)。地鶏、魚介の旨味が幾重にも!

「地鶏醤油らーめん」(720円)は、醤油ダレは糸島醤油ほか、島根産など3種をブレンド。麺は京都の老舗製麺所「麺屋 棣鄂(ていがく)」のもの。鶏チャーシューは、ほんのり柚子胡椒の風味だ。

地鶏らーめん はや川 / みずみずしさを損なわないよう注文後に切る
  • 地鶏らーめん はや川 / みずみずしさを損なわないよう注文後に切る
地鶏らーめん はや川 / 白壁、木のテーブルというシンプルな造りの店内
  • 地鶏らーめん はや川 / 白壁、木のテーブルというシンプルな造りの店内

鶏清湯醤油の東京「やまぐち」で腕を磨いた店主が故郷福岡に戻り開店。修業先で培った製法を軸にしながら、「はかた地どり」や糸島醤油を使うなど、九州流に創意工夫を加え“甘味”“丸み”のある地鶏ラーメンを作る。ホタテ、アサリの風味もフワリ。

[地鶏らーめん はや川]福岡市南区玉川町11-11 / 092-554-7474 / 11:00~15:00、18:00~21:00※売切れ次第終了 / 水曜休み

⇒【カドカワストア/Amazon】でラーメンWalker九州2018年版を購入!




【公式Twitter】はこちら

【ラーメンウォーカー2018年度特設ページ】はココからチェック!


九州の最新情報を配信中!九州ウォーカーWEBはこちら


↓ハズレなしの名店や最新ニュースなど、九州のラーメン情報はココをチェック↓

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報