桜庭ななみ「“自分の男”を取られたくない」と必死に? 映画「焼肉ドラゴン」でパワフルなシーンを披露(1/2)

映画「焼肉ドラゴン」で真木よう子、井上真央の“妹役”を演じる桜庭ななみ
  • 映画「焼肉ドラゴン」で真木よう子、井上真央の“妹役”を演じる桜庭ななみ

2008年の初演から、何度も再演を重ねてきた名作舞台を映画化した「焼肉ドラゴン」が6月22日金曜より全国公開。

舞台の作・演出を担当している鄭義信が初めてメガホンを取った意欲作だ。70年代の関西の地方都市を舞台に、時代の波に翻弄されながらも強くたくましく生きていく家族の物語が展開。長女・静花役の真木よう子をはじめ、井上真央、大泉洋、そして韓国の名優、キム・サンホ、イ・ジョンウンら豪華キャストが、エネルギッシュかつ心温まる人間ドラマを彩っている。美人三姉妹の三女・美花を演じている女優の桜庭ななみにインタビューを敢行。今年に入って、大河ドラマ「西郷どん」(NHK総合)など、話題作への出演が続く彼女に役への思いや撮影秘話などを聞いてみた。

――完成した作品を見た感想は?

桜庭ななみ:台本を読む前に舞台を見たんですけど、差別やいじめ、そして私が演じた美花は奥さんがいる男性が好きだったり…いろいろな問題がテーマとして出てきているような作品だなと思いました。でも、完成した映画を見たら、それは家族の一部分なんだなと感じて。何かを問題提起するというより、どんな時も家族はつながっていて、明日はきっといい日になると信じさせてもらえるような素敵な作品だなと思いました。

――今作で演じた美花は、どんなキャラクター?

桜庭:最初は 活発で元気な子だなって思いました。そういうイメージを持って現場に入ったんですけど、鄭(義信)監督がイメージしている美花は、私が想像している何倍も活発で明るくて自由奔放。もっともっと、役について考えなければいけないなと思いながら演じました。

――演じる上で難しかった点は?

桜庭:美花の感情の出し方が、ちょっと特別な感じがしたんです。他の人とは違うような気がして。それをどう表現すればいいのか、すごく難しかったです。

――日本語や韓国語などのセリフが飛び交う中、関西弁でツッコむシーンも! 

桜庭:ワーって、みんなが大騒ぎしている中で、ボソッとツッコんだりするタイミングは、何が正解なのか全然分からなかったです。今まで、自分がノリツッコミするような役を演じたことがなかったので、面白くできる人ってすごいなと改めて思いました。言い方一つで変わってきますし、少しでも間がズレたら面白くなくなってしまう。もう、必死でした(笑)。

「けがをさせてしまったらどうしようとか…不安が大きかったです」(2/2)
  • 1
  • 2
映画「焼肉ドラゴン」
6月22日より、全国でロードショー
監督・原作・脚本:鄭義信
出演:
真木よう子、井上真央、大泉洋、桜庭ななみ、大谷亮平ほか

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

[PR] おすすめ情報