“イッタラ”日本初の路面店が11/28 銀座に上陸

フィンランドのみでしか扱っていないTeemaイエローカラー
  • フィンランドのみでしか扱っていないTeemaイエローカラー

11/28(金)、北欧のリヴィングウエアブランド「イッタラGINZA」が銀座のみゆき通りにオープンする。高いデザイン性と機能性を兼ね備えたカラフルなマグカップなどが人気のイッタラ。「松屋銀座」や「イルムス池袋」など、都内を中心に横浜、京都、名古屋と、これまで全11店舗のインショップを展開してきたが、路面店は日本初。売り場面積約100平方メートルのワンフロア構成で、キッチン・テーブルウエアを中心に商品をラインナップする。

1881年、フィンランド南西部に位置するイッタラ村のガラス工房としてスタートした同ブランドは、フィンランドを代表する建築家・デザイナーらを起用し、“使い捨ての風潮に反した永続性のある日常的なデザイン”をテーマに、陶磁器やステンレス製品などを数多く展開している。また、ガラス製品(主にクリスタル製品)の多くは、輝きや透明度を高めるために“鉛”を使用するのが一般的だが、同社の製品は使用していない。環境や人体に優しい商品を提供する、これも同社のコンセプトの一つ。環境問題やエコが叫ばれる昨今、長年に渡ってその伝統を守り続けているイッタラが、今後ますます注目されていくことは間違いない。

「イッタラGINZA」では、アムステルダムやロンドンの路面店で限定発売されたシティマグの日本版限定品や、耐熱ガラスを使用したグラス「HootCool」のオレンジホルダー限定カラー(カプチーノサイズ2個セット3780円〜)、さらに、イッタラの伝統ブランドである「ティーマシリーズ」のフィンランド限定イエローカラー(15cmボウル2100円〜)を先行発売する。営業時間/11:00〜20:00【東京ウォーカー/オオトウアヤ】

キーワード

[PR] おすすめ情報