有田焼、波佐見焼、小石原焼…福岡の街なかで買える“九州の器”

有田、波佐見、小石原など、器の産地が多い九州。わざわざ現地に足を運ばなくても、福岡市内にはハイセンスな陶磁器をそろえるセレクトショップがある。いつもの食卓を彩り、ちょっぴり気分も上げてくれる“マイ器”を探しに行こう。

見てよし、使ってよしの頼もしい器がそろう「B・B・B POTTERS」

福岡市・薬院にある、“暮らしを楽しむ道具店”「B・B・B POTTERS(スリービー ポッターズ)」。機能的で優れたデザインの品々がそろう。器の販売が原点だったこともあり、陶磁器は企画製品から作家のものまで幅広いラインナップ。なかでも、“料理をおいしくする器”をテーマに、小石原の窯元らが協働で作った「小石原ポタリー」は圧巻の品ぞろえだ。

「B・B・B POTTERS」。「白山陶器 PIPI」は、鳥をモチーフにしたかわいらしいデザイン
  • 「B・B・B POTTERS」。「白山陶器 PIPI」は、鳥をモチーフにしたかわいらしいデザイン

イチオシは、長崎・波佐見焼の「白山陶器」が手がけるシリーズ「白山陶器 PIPI」。「ランチプレート(写真上)」(各2700円)や「デザートボウル(中央左)」(各1296円)、「フリープレート(左下)」(1296円)、「マグ(右下)」(各2160円)など、どれも鳥をモチーフにしたかわいらしいデザイン。マグの卵型の持ち手は、子供でも持ちやすく、見た目と使い勝手の両立が魅力だ。

【写真を見る】「B・B・B POTTERS」。波佐見焼「白山陶器」の「平形めし茶碗」(3240円)
  • 【写真を見る】「B・B・B POTTERS」。波佐見焼「白山陶器」の「平形めし茶碗」(3240円)
「B・B・B POTTERS」。波佐見焼「 白山陶器」の「平形めし茶碗」(3240円)
  • 「B・B・B POTTERS」。波佐見焼「 白山陶器」の「平形めし茶碗」(3240円)

また、「白山陶器」の「平形めし茶碗」(3240円)も人気。一般的な茶碗よりやや大ぶりで浅いのでご飯が食べやすく、小鉢皿として副菜を盛っても映える。

「B・B・B POTTERS」。有田焼の「豆皿」(1080円〜)
  • 「B・B・B POTTERS」。有田焼の「豆皿」(1080円〜)

極小サイズに有田焼伝統の繊細な絵付けが施された有田焼の「豆皿」(1080円~)もおすすめ。おつまみを盛ったり、重箱の仕切りにも重宝する。

福岡市・薬院にある、“暮らしを楽しむ道具店”「B・B・B POTTERS」
  • 福岡市・薬院にある、“暮らしを楽しむ道具店”「B・B・B POTTERS」

[B・B・B POTTERS]福岡県福岡市中央区薬院1-8-8 / 092-739-2080 / 11:00〜20:00、カフェ11:30~19:30(LO) / 不定休

ロングライフデザインの視点から古くて新しい民芸を厳選「D&DEPARTMENT FUKUOKA」

福岡市地下鉄祇園駅近くに店を構える「D&DEPARTMENT FUKUOKA(ディーアンドデパートメント フクオカ)」。店のコンセプトである“ロングライフデザイン”に合わせ、器もその土地らしい息の長いものをセレクトする。

「D&DEPARTMENT FUKUOKA」。「小石原焼 太田哲三窯」の「切立鉢」(864円)
  • 「D&DEPARTMENT FUKUOKA」。「小石原焼 太田哲三窯」の「切立鉢」(864円)

福岡店では、民陶の里・小石原のなかでも実直に作陶を行う「小石原焼 太田哲三窯」の器を販売する。「切立鉢」(864円)は、お茶やおひたし、デザートまで幅広く使える。小石原焼の代名詞・飛び鉋や伝統技法・刷毛目の美しさからも技術の高さがわかる。

「D&DEPARTMENT FUKUOKA」。「小石原焼・太田哲三窯」の「マグカップ」(3780円)
  • 「D&DEPARTMENT FUKUOKA」。「小石原焼・太田哲三窯」の「マグカップ」(3780円)

「マグカップ」(3780円)は、飴色の釉薬とイッチン(波目模様)が特徴。一般的に小石原焼は重いものが多いが、このマグは軽くて持ちやすい。他に、北海道高橋工芸の木の器や漆椀、益子焼など全国各地の名品も扱う。

「D&DEPARTMENT FUKUOKA」。窯の定番の器のほか、趣向をこらした一点ものも数量限定で扱う
  • 「D&DEPARTMENT FUKUOKA」。窯の定番の器のほか、趣向をこらした一点ものも数量限定で扱う

[D&DEPARTMENT FUKUOKA]福岡県福岡市博多区博多駅前1-28-8 2F / 092-432-3342 / 11:00~20:00、ダイニング~19:00(LO18:00) / 水曜休み、ダイニングは火曜・水曜休み

器問屋ならではの旬で使える器がそろう「器屋にしやま 博多リバレインモール店」

「器屋にしやま 博多リバレインモール店」は、陶磁器の卸会社が母体ということもあり、旬な窯元のセレクトに定評がある。特に波佐見焼など九州の窯元に精通しており、白山陶器の植物をモチーフにしたシリーズ「ブルーム」は福岡随一の品ぞろえを誇る。また、小石原焼の窯元とコラボしたオリジナルの器も販売する。

「器屋にしやま 博多リバレインモール店」。「豆皿」(540円)、「鉢」(918円) 波佐見焼 neco(波佐見町)
  • 「器屋にしやま 博多リバレインモール店」。「豆皿」(540円)、「鉢」(918円) 波佐見焼 neco(波佐見町)

長崎・波佐見町にある「波佐見焼 neco」は、“ヘタウマ”で緩いテイストが人気。5種類ある絵柄は手書きなので、微妙な表情の違いも楽しめる。「豆皿」(540円)や「鉢」(918円)は、ネコの耳部分が出っ張っていて、ここに指をかけると持ちやすい。

「器屋にしやま 博多リバレインモール店」。波佐見焼「若草釉しのぎ」の「煎茶」(972円)、「小皿」(756円)
  • 「器屋にしやま 博多リバレインモール店」。波佐見焼「若草釉しのぎ」の「煎茶」(972円)、「小皿」(756円)

波佐見焼の「一龍陶苑」が手がける人気シリーズ「波佐見焼 若草釉しのぎ」にも注目。エッジのきいたフォルムと落ち着いた色が調和する。

「with your hands 」の「茶碗」(2700円〜、写真は3240円)。升箱に入り各器をモチーフにしたオリジナルパッケージで包む 
  • 「with your hands 」の「茶碗」(2700円〜、写真は3240円)。升箱に入り各器をモチーフにしたオリジナルパッケージで包む 

ギフトには、“手仕事のお茶碗をギフトに”をコンセプトにした「with your hands」の「茶碗」(2700円~)がおすすめ。升箱に入り各器をモチーフにしたオリジナルパッケージで包む。

「器屋にしやま 博多リバレインモール店」。取り扱う窯元は約30窯。シンプル&モダンな器が中心で女性客も多い
  • 「器屋にしやま 博多リバレインモール店」。取り扱う窯元は約30窯。シンプル&モダンな器が中心で女性客も多い

[器屋にしやま 博多リバレインモール店]福岡県福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレインモールB2 / 080-3370-2480 / 10:30〜19:30 / 無休

■「九州ウォーカー 2018年初夏号」
発売日:2018年4月25日(水)
定価:本体680円+税
発行:株式会社KADOKAWA
⇒【カドカワストア/Amazon】で「九州ウォーカー 2018年初夏号」を購入!

⇒九州の最新情報を配信中!九州ウォーカーWEBはココからチェック↓↓

キーワード

[PR] おすすめ情報