グルメ

自家製“おかずラー油”に挑戦! 秘伝のレシピを大公開

東京ウォーカー(全国版) 2010年5月16日 12時44分 配信

すべての写真を見る(6件)
桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」をきっかけに一気に広まったラー油ブーム。今でも入手困難と言われる“食べるラー油”なだけに、自宅で作れたらこれほどいいことはない! …ということで、早速“おかずラー油”を販売している人気中華店を直撃。家で作れるレシピを教えて!

今回“おかずラー油”の作り方を伝授してくれたのは、「『HANG'S KITCHEN 華風』の華風謹製 食べる辣油(ラー油)」を販売している「HANG'S KITCHEN 華風」(大阪市都島区)の村上正幸さん。辛味はなくマイルドな味わいで、フライドガーリックの香ばしさが評判のこのラー油、本当に自宅でも再現できるものなの?

不安がる記者に、「順番に教えるので大丈夫ですよ」と優しい笑顔の村上さん。早速取り出した材料は、「サラダ油270g」「みじんぎりのタマネギ90g」「ニンニク50g」「白ネギ60g」「干しエビ70g」「フライドガーリック50g」。肝心の調味料は、「唐辛子1g」「パプリカパウダー2g」「塩・砂糖・化学調味料・醤油・ゴマ油少々」だ。

まずは、半分の油の中にタマネギ、白ネギ、干しエビの順に入れて混ぜる。コツは“混ぜ続ける”ことと、油を適量ずつ足していくことなのだとか。やがて具がアメ色になったら一度具だけをザルに上げる。残った油に調味料を混ぜ、再び具を入れて混ぜ合わせる。混ぜ合わせたら空きビンに保存。「1〜2日寝かせるとおいしくなりますよ」と村上さん。ポイントのフライドガーリックは、食べる直前に入れれば念願の“自家製・食べるラー油”の完成だ!

完成までに時間はかかるものの、作り方は意外とシンプルな「HANG'S KITCHEN 華風」の“おかずラー油”。休日に作り置きして、食卓の“新アイテム”として楽しんでみて! 【詳細は、5月11日号の関西ウォーカーに掲載】

関連記事

おすすめ情報