札幌市公認のビールのおつまみとは!?

5/18(火)より札幌ドームにて限定販売。2本入り。定価300円。仲間同士で分け合って食べられる
  • 5/18(火)より札幌ドームにて限定販売。2本入り。定価300円。仲間同士で分け合って食べられる

各産地の特産物を使った“ご当地グルメ”が熱い北海道。焼鳥、ハンバーガー、カレーなどはじめ、毎年、続々と新商品が登場している。そんななか、札幌市公認ともいえるビールのおつまみが登場した。5/18(火)より札幌ドームで販売が開始される。

この新おつまみは「サッポロうま辛ポークスティック」。食を通じて北海道・札幌を元気にするべく、札幌市、日本ハム北海道販売、サッポロビールの3者のコラボ企画として生まれたサラミソーセージだ。

道産のブタ肉のみを使い、日本ハム北海道ファクトリー(旭川市)で製造され、当面は札幌ドームのみでの限定販売と、まさに地産と地消にこだわった。味の方は、ビールに合うよう、スパイシーな風味に仕上げられ、「これ1本でビール4杯いける」と関係者の声も。

札幌市・上田市長も「食で北海道・札幌を元気にしたい」とコメント。市長お墨付きのビールのおつまみだ。やはり、札幌ドームでファイターズの試合を見ながら、サッポロビールのおつまみとして食べる!というのが、正しい食べ方か。定価300円。【北海道ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報