D-BOYSの柳下大が牧田哲也をバッサリ! 「基本的に面白くない」

映画「書の道」DVD発売記念イベントに出席した牧田哲也、柳下大(写真左から)
  • 映画「書の道」DVD発売記念イベントに出席した牧田哲也、柳下大(写真左から)

映画「書の道」のDVD発売記念イベントが5月9日、神奈川・アニメイト横浜で開催され、出演したD-BOYSの柳下大、牧田哲也が登場。ファンからの質問に答えるトークショーと握手会が行われた。

同作は、書道に目覚めた大学生・駿一(柳下)を中心に、自分の進む道を模索する若者たちを描いた青春ストーリー。ボクシングで挫折した駿一は、目標もないまま大学に進学。ひょんなことから入部した書道研究会で書道の魅力にはまり、研究会メンバーの岡島(牧田)たちと「全国大学書道大会」に向けて特訓を始める。一方、駿一の幼なじみでボクサーを目指す練習生の健太郎(古原靖久)はプロを目指してトレーニングに励む。進む道は異なりながらも、健太郎に刺激を受け、駿一は作品作りに取り掛かる。

主演の柳下は、ファンからの「撮影していて一番大変だったシーンは?」という質問に、「書道大会でミスをして墨をこぼすシーン。衣装を汚してしまうので、NGを出せなかった時です」と回答。牧田は「撮影中寒かったり、一発勝負のシーンもあって大変でした」と、撮影を振り返った。

その一方、共演者には若手俳優が多く、現場には和気あいあいとした雰囲気もあったそう。柳下は、アドリブが多かった牧田について、「基本的に面白くなかったですよ(笑)。面白かったというより迷惑でした(笑)。本番で急にアドリブを出すので、共演者はみんな困っていました」と冗談交じりに本音を語り、会場の笑いを誘った。

当日は、映画撮影時に柳下が書いた書や、サイン入りオリジナルTシャツのプレゼント抽選会が行われるというサプライズも。当選したラッキーな11人のファンは、2人から手渡しでプレゼントされた。

イベントの締めくくりは握手会。感激のあまり泣き出してしまうファンもいるほど、会場は盛り上がった。

DVD「書の道」
発売中 数量限定版:7980円/通常版:3990円 TCエンタテインメント

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報