瑛太「生田斗真と瑛太どっちが好き?」直球質問でサプライズ訪問の学校わかす

生田斗真と瑛太が明治大学をサプライズ訪問!
  • 生田斗真と瑛太が明治大学をサプライズ訪問!

薬丸岳による同名小説を映画化した『友罪』(5月25日公開)に出演する生田斗真と瑛太が、5月14日に明治大学で行われた特別授業にサプライズで出席。「少年犯罪」をテーマに学んでいる学生約100人とのディスカッションに臨んだ。

元ジャーナリストの益田(生田)が、同い年の工員・鈴木(瑛太)と打ち解けていくなか、彼が17年前の連続児童殺傷事件の犯人=少年Aではないかと疑い始める姿を描く本作。この日は、同校の伊藤氏貴准教授が少年犯罪についての講義を開講。イベントには瀬々敬久監督も出席した。

映画化が決定する前から原作を読んでいたという生田は「どういう形であれ、映像作品として残すべき小説だと思っていた。『世に送り出そう』という覚悟を持ったスタッフの方々の熱意を感じながら撮影した」と重いテーマを描く作品への意気込みを吐露。

元少年Aを演じた瑛太は「神戸の事件が起きた時はショックを受けた」と本作のモデルのひとつとなった事件に触れ、「少年Aを扱った作品をつくる上で、映画を通してなにを人に与えたいのかと疑問もあった」と告白。少年Aの手記を読むなかで「少年Aが抱えていた家庭環境や衝動を、全否定できない部分が自分のなかに生まれた。『自分の想像を超える衝動みたいなものが生まれてしまう可能性があるんじゃないか?』というところから出発した」と役作りの手がかりをつかんでいったという。

ディスカッションの中では、就職活動中の女子から「俳優という職業に進んだきっかけは?」といった質問が上がるひと幕も。「母親がSMAPが大好きで、事務所に履歴書を送った」という生田は「芸能やお芝居に興味がないまま入ってしまったけれど、高校生の時に『自分のやりたいこと』ってなんだろうと考えた。模索していた時に舞台に出会い、楽しそうに作品をつくっている人、観てくれるお客さんの姿に感動した」とターニングポイントを回顧。

「給料をもらうと達成感があって、すべてのバイトが1か月しか続かなかった」という瑛太は「趣味で映画を観ていて、現実から逃れられるのは映画のなかの世界しかなかった。現実逃避できるのは俳優なんじゃないかと思った。俳優には中毒性がある。いまでは自分が一番好きな場所、楽しい時は演じている時なんじゃないかと思う」と真摯に答えていた。

また瑛太は「生田斗真と瑛太どっちが好き?」 と学生に直球質問をお見舞い。生田が圧勝すると思っていた瑛太だったが、瑛太ファンも続々と手を挙げる結果に。瑛太ファンが「エロい」「メンヘラっぽいところが好き」と愛を語ると、瑛太は照れ臭そうな笑顔を浮かべていた。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報