ベックスが“具が崩れない”新作サンドイッチを投入!

ベックスプレミアム(450円)
  • ベックスプレミアム(450円)

首都圏のJR駅ナカなどに出店している「BECK'S COFFEE SHOP(ベックスコーヒーショップ)」では、12/1(月)より人気のクラブハウスサンドシリーズがリニューアルする。

注目は、新しく仲間入りする「ベックスプレミアム」(450円)。駅ナカを中心に展開する同店らしく、“短い時間で利用する人にも価値ある商品”をテーマに開発された上質サンドだ。こんがり焼いてサクッとした食感のベックスオリジナルカンパーニュでサンドした3段重ねのクラブハウスサンドで、焙煎ごまドレッシングで味付けしたキャベツにローストしたチャーシュー、那須・郡司牧場のハムと新鮮なトマト、レタスにゆで卵と6種類の具材を贅沢にサンドしている。

これだけ挟んでいると食べる時に中の具材だけが口に入ったり、パンがずれていくことが心配になったりするもの。ところが、ベックスプレミアムはガブリと噛んでも上下、中の具材までバランスよく口に入るとのこと。秘密は、このサンドイッチ用に特別に作ったカンパーニュ。パンを噛んだときの“引き”を程よく抑え、さくっとした軽さにこだわったそうだ。

ほかにも「バジルチキン」(420円)、「ホットハム&チーズ」(380円)が新たに登場。人気のホットドッグもアツアツのソーセージに自家製コールスローをトッピングした「サラダドッグ」(280円)を同時発売。ベックスコーヒーショップがバラエティ豊かに生まれ変わる。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報