カキも焼肉も鮮魚も“安うてウマい”!ビニールシート屋台の激戦区「裏天満」の行列店6選

昼間から赤ら顔のおじ様を横目に、JR天満駅を北へ進むとすぐに現れるのが裏天満。1970年代後半まで地方卸売市場として栄えた町のシンボル「天満市場」が、2005年に高層ビル「ぷららてんま」に華麗に変身したのがにぎわいのきっかけだ。

6、7年前から、卸しの直営店や安く手に入る新鮮食材を使ったお店が自然な流れで増加し、徐々に大阪の夜を熱くする名所に。ビニールシートで入口を囲っただけのお店が多いことから「ビニシー通り」とも呼ばれるそんな裏天満には、地の利を生かした〝安うてウマい〟がてんこ盛り。ジャンルも多彩にそろうので、ビニシーをササッとかき分け、激戦区の行列グルメをハシゴして楽しむべし!<※情報は関西フラリーマン専用Walker(2018年3月9日発売号)より>

「ビニシー通り」の異名どおり、屋台感覚で使える安くて旨い行列店が並ぶ/裏天満
  • 「ビニシー通り」の異名どおり、屋台感覚で使える安くて旨い行列店が並ぶ/裏天満

日本一長い天神橋筋商店街に隣接するように広がるJR天満駅周辺は、大阪で最も熱いエリアの一つ。千鳥足で飲み歩こう。

プリップリのカキが食べ放題

「かき小屋フィーバー天満店」の鉄板で焼く、真ガキの磯の香りに誘われついふらり。おすすめは食べ放題の焼きガキにカキごはんなどが付いて3218円の90分1本勝負。生ガキも食べ放題になる4298円のゴージャスなセットもあるので、好みでチョイスして。

【写真を見る】広島の真ガキを使う「カキのガンガン焼き」(500g1706円)/かき小屋フィーバー天満店
  • 【写真を見る】広島の真ガキを使う「カキのガンガン焼き」(500g1706円)/かき小屋フィーバー天満店

オリジナルポン酢をかけるとより美味に!

カラリと揚げた「カキフライ」(10個1058円)/かき小屋フィーバー天満店
  • カラリと揚げた「カキフライ」(10個1058円)/かき小屋フィーバー天満店

5個で626円もある。

席は2時間制/かき小屋フィーバー天満店
  • 席は2時間制/かき小屋フィーバー天満店

待ち時間が長いので予約を。

■かき小屋フィーバー天満店<住所:大阪市北区池田町6-1 電話:06-6352-3393 時間:17:00~24:00(LO23:00)、土日祝12:00~24:00 休み:なし 席数:30席 料金:突き出し540円(蒸しカキ2個) ※食べ放題は料金に含む タバコ:喫煙可 交通:JR天満駅より北へ徒歩3分>

新鮮鶏を好みの焼き加減で

裏天満の元祖ビニシー店「鶏魂鳥福 本店」で楽しめるのは、3代続く鶏肉専門の卸し店が手がけるセルフ焼鳥。ビールや日本酒、ワイン、焼酎など多彩にそろうアルコールと共に、レアでもOKな鮮度抜群の絶品鶏を好みの焼き加減で堪能しよう。

「レッドチキンチーズコーン」(1人前1200円)/鶏魂鳥福 本店
  • 「レッドチキンチーズコーン」(1人前1200円)/鶏魂鳥福 本店

オリジナルのチーズタッカルビ。

「丹波地鶏もものネギどさっとタタキ」(972円)/鶏魂鳥福 本店
  • 「丹波地鶏もものネギどさっとタタキ」(972円)/鶏魂鳥福 本店

噛むほどに旨味がジュワッ。

鶏肉店が夜になると行列を作る焼鳥店に/鶏魂鳥福 本店
  • 鶏肉店が夜になると行列を作る焼鳥店に/鶏魂鳥福 本店

■鶏魂鳥福 本店<住所:大阪市北区池田町6-3 電話:06-6351-3147 時間:18:00~22:00 休み:火木土日 ※変更の可能性あり 席数:12席、スタンディング12人 タバコ:喫煙可 交通:JR天満駅より北へ徒歩3分>

鮮度抜群の昼網魚に舌鼓を

「地魚屋台 とっつぁん 天満店」では、明石の昼網をはじめ、北海道や九州など全国から日替りで届く魚介類が鮮度抜群。刺身や焼き、名物の天ぷらなど、さまざまな調理法で楽しめる。店頭に並べた魚を注文を受けてから取りに行ってさばく演出も、裏天満ならではだ。

魚介や野菜の天ぷら(手前)は1個108円からと激安/地魚屋台 とっつぁん 天満店
  • 魚介や野菜の天ぷら(手前)は1個108円からと激安/地魚屋台 とっつぁん 天満店

「天然ダイ」(奥・410円)など、この日は明石の昼網で捕れた刺身がズラリ!

週末はオープン前から行列が/地魚屋台 とっつぁん 天満店
  • 週末はオープン前から行列が/地魚屋台 とっつぁん 天満店

予約は不可。

「鮮度はもちろん、安さにも自信があります。2500円もあれば、おなかいっぱいになれますよ」と、店長の松井淳矢さん。

■地魚屋台 とっつぁん 天満店<住所:大阪市北区池田町6-14 電話:06-6351-4649 時間:17:30~23:00(LOフード22:30、ドリンク22:45) 休み:月曜(祝日の場合翌日) 席数:70席 タバコ:喫煙可 交通:JR天満駅より北へ徒歩4分>

厳選した黒毛和牛を気軽に!

「やきにく番長 天満店」でランチタイムから炭火がモクモクなのは、黒毛和牛が格安に堪能できるゆえ。2軒隣に「おさかな番長」が2014年にオープンし、鮮度抜群な魚介メニューが充実したことも行列の一因だ。週末は必ず予約してから向かうべし。

上ロースや上ハラミなど3種が入った「特選番長盛り合わせ」(3780円)/やきにく番長 天満店
  • 上ロースや上ハラミなど3種が入った「特選番長盛り合わせ」(3780円)/やきにく番長 天満店
海鮮も/やきにく番長 天満店
  • 海鮮も/やきにく番長 天満店

5種盛りで2160円、3種で1296円と海鮮も手ごろ。

入りやすいオープンなスペースも魅力だ/やきにく番長 天満店
  • 入りやすいオープンなスペースも魅力だ/やきにく番長 天満店

■やきにく番長 天満店<住所:大阪市北区池田町7-6 電話:06-6354-2941 時間:12:00~24:00 休み:なし 席数:96席 タバコ:喫煙可 交通:JR天満駅より北へ徒歩4分>

家庭料理と美貌にほっこり

道路に面したカウンター席が開放的すぎるダイニングバル「ほっこりダイニング 田なか」は、1軒目のちょい飲みにぴったり。裏天満ではレアな女性スタッフのみなうえに、手作りのほっこり料理が味わえるとあって、界隈のサラリーマンで連日大にぎわい!

「天然ハマチのなめろう」(480円・右)、「アボカドの天ぷら」(480円・左)/ほっこりダイニング 田なか
  • 「天然ハマチのなめろう」(480円・右)、「アボカドの天ぷら」(480円・左)/ほっこりダイニング 田なか
お酒も充実/ほっこりダイニング 田なか
  • お酒も充実/ほっこりダイニング 田なか

「生ビール」(380円)は錫の酒器で。

仲間とじっくり語りたい時は2階の個室へ/ほっこりダイニング 田なか
  • 仲間とじっくり語りたい時は2階の個室へ/ほっこりダイニング 田なか
軽く飲む人が多く、行列時も待ち時間は短め/ほっこりダイニング 田なか
  • 軽く飲む人が多く、行列時も待ち時間は短め/ほっこりダイニング 田なか

「天満はおいしいものがいっぱい。いいお店を紹介しますので、気軽に聞いてください」と、オーナーの田中良枝さん。

■ほっこりダイニング 田なか<住所:大阪市北区天神橋5-1-17 電話:06-6358-5518 時間:12:00~24:00 休み:なし 席数:40席 タバコ:喫煙可 交通:JR天満駅より北へ徒歩2分>

巨大な水槽も見もの!

鮮魚に特化した、「やきにく番長」の新展開が「おさかな番長 天満店」。寿司に焼きに煮付けなど、多彩な旬の魚介類が気軽につまめるスタイルがウケて、オープンするやいなや行列店に仲間入り。格安なランチもあるので、食べ逃しなく。

鮮度抜群の「寿司8貫盛り」(1188円・手前)は先着10食のみ/おさかな番長 天満店
  • 鮮度抜群の「寿司8貫盛り」(1188円・手前)は先着10食のみ/おさかな番長 天満店
2階にはくつろげるテーブル席もある/おさかな番長 天満店
  • 2階にはくつろげるテーブル席もある/おさかな番長 天満店
週末は行列ができることも多いので予約を/おさかな番長 天満店
  • 週末は行列ができることも多いので予約を/おさかな番長 天満店

「生ビール378円が半額になるサービスも好評です。なくなり次第終了なのでお早めに!」とスタッフの黒川純司さん。

■おさかな番長 天満店<住所:大阪市北区池田町7-6 電話:06-6354-2942 時間:12:00~24:00 休み:なし 席数:68席 タバコ:喫煙可 交通:JR天満駅より北へ徒歩4分>【関西ウォーカー編集部】

↓関西の最新情報を配信中!「関西ウォーカーWEB」はコチラからチェック↓


キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報