ビートたけし、高田純次と日曜ゴールデンで約20年ぶりの共演!

「世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース」に高田純次がゲストで登場!
  • 「世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース」に高田純次がゲストで登場!

5月20日(日)放送の「世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース」(テレビ朝日系)の第16弾で、ビートたけしと高田純次が日曜のゴールデンタイムで約20年ぶりの共演を果たす。

同番組は、博学のたけしですら知らないであろう世界のニュースを、人気芸人たちがプレゼンしていくバラエティー。今回は、木曜ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(毎週木曜夜9:00-9:54)に出演中の高田純次がスタジオに登場する。

たけし&高田があの“伝説の番組”の秘話を暴露!

伝説の大ヒット番組「天才・たけしの元気が出るテレビ」(1985~96年、日本テレビ系)で10年以上もの長きにわたってたけしと共演してきた高田は、「シルバーの時間帯は出演しているけど(笑)、この20年間、どこの局でも日曜ゴールデンタイムは出ていないから、本当に20年ぶり!」と心境を告白。

続けてたけしが「あのころは松方弘樹さんもいて…、よく酒を飲みに行ったなあ」と当時を振り返ると、高田も「あのときはロケで撮ってきたVTRをスタジオでみんなに見られるのがキツかった…!」と明かす。

さらに、たけしは「実は、『オレたちひょうきん族』(1981~89年、フジテレビ系)も、最初は高田さんと一緒だったんだよ。ブラックデビルは、(明石家)さんまの前に高田さんが演じていたんだ。“たけちゃんマン”のライバルとしてレギュラーにしようと決まったのに、高田さん、風邪で休んじゃってさ…」と当時の秘話を暴露。

実は、高田は初回収録後に“おたふく風邪”にかかってしまい、「―ひょうきん族」を降板。急きょ、代役を務めたさんまがそのままブラックデビルを演じることになったとのこと。

高田純次がスタジオで大暴れ!?

また、番組ではプロフィギュアスケーターの村上佳菜子、カミナリ、横澤夏子の3組がプレゼンターに初挑戦し、たけしをうならせるべく、衝撃ニュースのプレゼンに挑んでいく。

高田は、横澤がプレゼンを担当する「ネットで買える!?」のコーナーで、“おじさんがおじさんを肩車しているように見えるズボン”という珍商品を試着。収録後、試着のためにいったん退席した高田のことを「途中でスタジオからいなくなったから、帰っちゃったのかと思った」とたけしが茶化す場面も。

MCの阿川佐和子が「これに懲りず、またゲストに来てくださいね」と呼び掛けると、高田は「全然、凝りてないよ! いろいろな方向性の映像があって面白かった」と語った。

この他、ゲストは鈴木砂羽、ウエンツ瑛士、カンニング竹山、ケンドーコバヤシ、小峠英二、小宮浩信、庄司智春、高橋茂雄、濱口優、平井“ファラオ”光ら。

「世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース」
5月20日(日)夜7:58-11:05
テレビ朝日系で放送

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報