夏はウルフェス!爆笑問題も一押しの「ウルトラマンフェスティバル」今年も開催

今も昔も多くの子供たちを魅了する国民的ヒーロー「ウルトラマンシリーズ」を題材に1989年のスタート以来、毎年ファミリー向けのイベントとして親しまれている「ウルトラマンフェスティバル」。今年も7月20日から8月27日(8月7日は休業)にかけての開催が決定した。その見どころを一足早くご紹介する。

公開記者会見で行われたフォトセッションでウルトラ兄弟とともに必殺技ポーズをとる爆笑問題
  • 公開記者会見で行われたフォトセッションでウルトラ兄弟とともに必殺技ポーズをとる爆笑問題

「ウルトラ兄弟の絆!」をテーマに池袋・サンシャインシティで開催される「ウルトラマンフェスティバル2018」。昨年開催時よりもパワーアップし、ウルフェス初の試みも予定されている。

【写真を見る】ウルトラ兄弟と怪獣・星人軍団とのバトルを再現した巨大フォトスポットが登場(写真はイメージ)
  • 【写真を見る】ウルトラ兄弟と怪獣・星人軍団とのバトルを再現した巨大フォトスポットが登場(写真はイメージ)

初となるのは、ウルトラ兄弟と総勢1,587体の怪獣・星人軍団が登場する巨大フォトスポット「大決戦! 超巨大フォトスポット」。本イベントテーマに即して、ウルトラ兄弟が力を合わせて怪獣・星人軍団と戦うバトルシーンを再現した、見るだけではなく五感を使って体験できる立体展示となる予定とのこと。どのシーンが再現されているのか、今から期待に胸が膨らむ。

記者会見で行われた迫力あるスペシャルステージ。イベント期間中は、より白熱したバトルが毎日行われる
  • 記者会見で行われた迫力あるスペシャルステージ。イベント期間中は、より白熱したバトルが毎日行われる

また、ウルトラヒーローと怪獣たちが登場し、目の前で熱いバトルを繰り広げる「ウルトラライブステージ」も毎日開催。ライブステージ全座席に設置された無線制御ライト「ウルトラフラッシュ」を使って、ともに盛り上がれる体験型のステージとなっている。第1部(7月20日から8月6日)では「Brother 〜勇者たちの絆〜」、第2部(8月8日から8月27日)では「時代を染めろ! 伝説のウルトラ兄弟」とそれぞれストーリーが変更されるので、何度訪れても楽しめるはずだ。

「ウルトラマンフェスタ2018」公式サポーターに就任した爆笑問題
  • 「ウルトラマンフェスタ2018」公式サポーターに就任した爆笑問題

ほかにも巨大ジオラマが登場する展示コーナーや会場限定のグッズも販売されるなど、内容盛りだくさんで行われる「ウルトラマンフェスティバル2018」。5月12日に行われた公開記者発表では、今年の公式サポーターを人気お笑いコンビ爆笑問題が務めることを明らかにした。

ウルトラマンごっこの実演中、ウルトラマンに変身しようとするハヤタ隊員役の田中をレッドキング役の太田が急襲
  • ウルトラマンごっこの実演中、ウルトラマンに変身しようとするハヤタ隊員役の田中をレッドキング役の太田が急襲

記者発表に科学特捜隊の衣装に身を包んで登場した二人。初代ウルトラマンの放送開始前年となる1965年生まれで、今でもウルトラマンシリーズの大ファンだという田中裕二は「夏休みはずっとやっていますので、1回2回と言わず3回4回5回と何度も来てください」とアピールした。

最後はウルトラ兄弟と爆笑問題が、観客とともに「夏はウルフェス!」の掛け声で意気込みをアピール
  • 最後はウルトラ兄弟と爆笑問題が、観客とともに「夏はウルフェス!」の掛け声で意気込みをアピール

今からその開催が待ち遠しい「ウルトラマンフェスティバル2018」。「夏はウルフェス!」を合言葉に、今年の夏休みはウルトラヒーローが待つサンシャインシティに出かけよう。

(c)円谷プロ

■ウルトラマンフェスティバル2018
開催期間: 7月20日〜8月27日(8月7日は休業)
会場: サンシャインシティ 文化会館4F 展示ホールB
住所: 東京都豊島区東池袋3-1
時間: 10:00~17:30 (最終入場17:00まで)
入場料: 前売券 大人(中学生以上)1,900円/子供(3歳~小学生)1,200円、ウルトラシート付前売券 大人2,400円/子供1,700円、当日券 大人(中学生以上)2,100 円、子供(3歳~小学生)1,400 円ウルトラシート付当日券 大人2,600円/子供 1,900円
主催:TBS
公式ホームページ: http://ulfes.com/2018/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報