5月下旬はキャベツが安い! ほうれんそうにも値下げの兆しが!?

お買い得なキャベツには、栄養がたっぷりです。
  • お買い得なキャベツには、栄養がたっぷりです。

農畜産産業振興機構が定期的に発表する、野菜の育ち具合や値段の見通しの最新情報をまとめた「野菜の需給・価格動向レポート」。平成30年5月14日版をもとに、よく育っていて値段(卸値)が落ち着いている、手に入れやすくて食べごろな野菜を「おすすめ野菜」としてご紹介!

この時期の「おすすめ野菜」は、次のとおりです。

5月下旬のおすすめは「キャベツ」・「はくさい」・「ほうれんそう」

【グラフを見る】5月下旬の野菜の価格動向
  • 【グラフを見る】5月下旬の野菜の価格動向

◆キャベツ

神奈川産のキャベツは平年並みですが、千葉産の生育がよく、多くの収穫が見込まれています。5月下旬も引き続きお買い得価格が続きそうです。

キャベツには、胃の粘膜を保護するビタミンUや、ストレス対策・美肌効果のあるビタミンCが多く含まれています。とくに淡色野菜では、ビタミンCが含まれる量はキャベツがトップなのです! 今回はキャベツを使った、簡単で栄養価の高いレシピを掲載します。日差しが強くなってくる中、お肌の改善のためにも、ぜひ今日からキャベツを食卓に並べてくださいね!

◆はくさい

3月中旬からの気温上昇、そして4月からの雨のせいで、茨城産の出荷は平年を下回りそうです。現在は流通してる在庫が多く、長野産の出荷が平年より上回ってお買い得ですが、少しずつ値上がり傾向になると予想されています。

はくさいは低カロリーで糖質が少ないのに、満腹感が得られやすく、ダイエットや健康に最適な野菜です。料理にはくさいを使いたいなら、いまのうちに買っておきましょう!

◆ほうれんそう

平均を上回っていたほうれんそうの価格が、ようやく安くなりそうです。現在、群馬産の出荷は平年より少ないのですが、今後は増えていく予想です。

ほうれんそうは貧血や冷え性にもよく、栄養価がとても高い野菜です。これから本格的な暑さを迎えるにあたり、ほうれん草を使った料理でしっかり栄養を摂っていきたいですね!

【関連レシピ】ハーバード大学式野菜スープ

味付けなしでもOK! 冷凍保存で成分効果がアップ!

【関連レシピ】ハーバード大学式野菜スープ
  • 【関連レシピ】ハーバード大学式野菜スープ

<材料>(2人分<1日2~3食として>)

にんじん…1本(約200g)

玉ねぎ…1個(約200g)

キャベツ…1/6個(約200g)

かぼちゃ…1/8個(約200g)

<作り方>

1.玉ねぎは皮をむき、皮はだし用パックに入れる。にんじんは皮つきのまま、玉ねぎとともに小さく刻む。キャベツ、かぼちゃは食べやすい大きさに切る。

2.大きな鍋(鋳物ホーロー製なら、ふたが重くしっかり閉じ、蒸気で必要な成分が逃げないのでおすすめ)にすべて入れ、かぶるくらいの水(1.5~2Lが目安)を注ぐ。

3.強火にかけ、沸騰したらしっかりとふたをする。吹きこぼれないよう弱火にし、約20分煮る。玉ねぎの皮はパックごと取り出す。

【関連レシピ】白菜メンチ

白菜の甘みがおいしい、ヘルシーメンチ。

【関連レシピ】白菜メンチ
  • 【関連レシピ】白菜メンチ

【関連レシピ】ほうれん草のココット

オーブントースターと常備野菜で、簡単にできます!

【関連レシピ】ほうれん草のココット
  • 【関連レシピ】ほうれん草のココット
【関連レシピ】
ハーバード大学式野菜スープ
白菜メンチ
ほうれん草のココット

 ▼今だけチャンス! 締切は5月31日(木)まで


キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報