メーガン妃挙式、キャサリン妃妹のドレスが“緑茶ボトル”に激似と話題!

キャサリン妃の妹・ピッパのドレスが話題に!
  • キャサリン妃の妹・ピッパのドレスが話題に!

現地時間の5月19日にヘンリー王子とメーガン妃の挙式が執り行われたが、メーガン妃やキャサリン妃のファッション以外にも、とりわけ注目を浴びていたのがキャサリン妃の妹で、ヘンリー王子とも噂のあったピッパだ。

現在妊娠中のピッパは、2011年のキャサリン妃の挙式には白いドレス、さらに美尻ラインくっきりのドレスで出席したことから「ピッパのお尻」という流行語さえ生まれ「花嫁より目立ってしまった」と物議を醸したとあって、今回はどんなドレスを着て出席するか注目されていた。

そんなピッパが選んだのは、ラウンドネックにフレアスカートのThe Foldのドレス。うぐいす色に白い花模様があしらわれた495ポンド(約7万4000円)のシンプルかつ地味目なデザインで、花嫁を食うドレスではなかった。さらにメーガンの母親やエリザベス女王も同系色の出で立ちだったこともあり、評論家からの評判もよかったようだ。

しかし、#RoyalWeddingのハッシュタグで今回のロイヤル・ウェディングについてさまざまな情報を発信しているネットユーザーの間では、このデザインが米ニューヨークの飲料メーカーであるアリゾナビバレッジが販売する緑茶「Arizona Green Tea(アリゾナ・グリーン・ティー)」のペットボトルに激似と話題に。

並べて掲載されているピッパのドレス姿とペットボトルを見てみると確かに似ており「激似!」「アリゾナ・グリーン・ティーがスポンサーなのかな」といった半分ジョークのツイートが飛び交っている。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報