松坂桃李の『遊戯王』“ガチ勢”トークに「神回w」の声!「無課金でキング行った」(1/2)

【写真を見る】松坂桃李の“ガチ”っぷりにタジタジだったパーソナリティの菅田将暉(写真はイベント時)
  • 【写真を見る】松坂桃李の“ガチ”っぷりにタジタジだったパーソナリティの菅田将暉(写真はイベント時)

5月21日深夜に放送された「菅田将暉のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に松坂桃李が生出演。パーソナリティを務める菅田も「ただのガチ勢じゃん(笑)」とあきれ返る“ガチ”すぎるゲームトークを展開し、ファンを大喜びさせた。

“無課金の頂を目指す者”降臨

この日、松坂は公開中の映画「孤狼の血」と6月上演の主演舞台「マクガワン・トリロジー」のプロモーションのために登場。

「孤狼の血」は、直木賞候補にもなった柚月裕子氏のハードボイルド小説を「仁義なき戦い」シリーズ(1973年ほか)などの東映が実写化した作品。アウトローな先輩刑事・大上章吾(役所広司)とバディを組む中で変化していく新人刑事・日岡秀一を演じる松坂の鬼気迫る演技に、SNSでは「松坂桃李のあの、何かに目覚めたような目力が頭から離れない」「目力すごい。冗談じゃなく殺されそう」といった感想が飛び交っている。

「マクガワン・トリロジー」(6月29日開幕、愛知・兵庫・東京公演)はニューヨークのアイルランド演劇祭で複数の賞を受賞した話題作で、昨年菅田が出演した舞台「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」も手掛けた小川絵梨子氏が演出を担当する。

そんな松坂だが、実はカードゲーム「遊戯王」のゲームアプリ「遊戯王 デュエルリンクス」にハマっているという“ガチ”のゲーマーで、世界大会に出場するほどの腕前だという。1月29日に同番組に登場した際には「ランクがビギナー、シルバー、ゴールド、レジェンド、キングとあって」「今“キング”なのよ!」と明かし、「無課金でキングまで行った」と、有料アイテムを一切使わず最強ランクに上り詰めたことを誇らしげに語っていた。

そんな流れを踏まえ、松坂は5月14日の放送時にラジオネーム“無課金の頂を目指す者”として、番組にメールで「来週行く」と “通達”。菅田は「ただの遊戯王好きの青年」が遊びにくるようだと予告していた。

たっぷり35分“遊戯王トーク”展開

21日深夜、事務所の後輩でもある菅田の「―オールナイトニッポン」に予告通り登場した松坂は「(番組に遊びに来るのは)仕事と仕事の間の休憩みたいなものですよ。違うの?休憩所じゃないの?」と序盤からリラックスムード。

1月29日・2月5日の出演時にもゲームについて熱く語り、完全オリジナルカードゲーム「菅田☆戯☆王」のカードをリスナーと一緒に考える「菅田☆戯☆王」なるコーナーまで作ってしまったが、この日もたっぷり35分にわたり“遊戯王トーク”を展開した。

松坂桃李の“ガチ遊戯王トーク”その破壊力は…?(2/2)
  • 1
  • 2
映画「孤狼の血」
公開中

舞台「マクガワン・トリロジー」
愛知公演 6月29日(金)~7月1日(日)
     穂の国とよはし芸術劇場PLAT 主ホール
兵庫公演 7月4日(水)~7月8日(日)
     兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
東京公演 7月13日(金)7月29日(日)
     世田谷パブリックシアター

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報