サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

『ボックス!』で市原&高良の真剣コメントに監督から「いやらしい!」

『 ボックス! 』初日舞台挨拶で熱いコメントをした市原隼人&高良健吾だったが、監督からツッコミをくらった
  • 『 ボックス! 』初日舞台挨拶で熱いコメントをした市原隼人&高良健吾だったが、監督からツッコミをくらった

ボクシングに青春を賭けた少年たちのスポ根映画『ボックス!』(5月22日公開)の初日舞台挨拶が、5月22日にTOHOシネマズ六本木ヒルズシアター7で開催。市原隼人、高良健吾、谷村美月、香椎由宇、筧利夫、李闘士男監督の6名が登壇した。市原や高良は、ボクシングのシーンについて熱いコメントを語ったが、李監督から「いやらしい!」とツッコミが入り、ふたりとも苦笑い状態に。

原作は百田尚樹の同名青春小説。市原隼人は、天才ボクサーのカブこと鏑矢義平(かぶらやよしへい)役を熱演。カブの幼なじみでライバルのユウキ役に扮した高良と共にボクシングの猛特訓をして本作に臨んだ。

市原は本作について「挑戦でしたね」と語った。「全部が大阪弁ってのも初めてだったし、全部(パンチは)奥まで入っていたので。妥協のない現場でした」。続いて高良が「僕は“初体験でした”」と語ると、李監督から「お前ら、いやらしいな。“奥まで入った”とか“初体験”とか。家の子供も観に来てるんやぞ!」とチャチャ入れをし、会場は大爆笑。

その後、高良は“初体験”についてこう説明。「普通、殴るシーンとかって当てぶりとかですが、現場で本当に殴り合うってのは初体験で。また、芝居していく中で、李監督に求められたことも今までしたことがなかったことばかりでした」。

李監督は、地方キャンペーンで好評だった本作の見どころをこう語った。「健吾の背中が人気で。あまりにも健吾の背中が人気すぎて、隼人はその日寝込んだよな(笑)。でも、ふたりは(ボクシングシーンで)吐いたし鼻血も出た。そういうのは当たり前だけど、健吾の背中と、隼人の二の腕が人気でした」。

また、ムードメーカーの筧利夫もふたりのファイトシーンについて「大腸が破裂するほどのボディをもらった市原と、鼻が陥没するくらいのストレートをもらった高良。よくここで舞台挨拶に立てたね(笑)」とギャグを飛ばし、会場は爆笑の渦に。

その後、ボクシング映画ということで“パンチンググローブ型”のくす玉が登場。これに目がけて市原が渾身のストレートをお見舞いし、くす玉が割れると会場も大興奮! 最後はグローブ特製看板をバックに、観客とフォトセッションを行った。

ボクシングに青春を捧げる若者たちの若さと熱さがまぶしい『ボックス!』。入魂のファイトシーンでは、アドレナリン噴出必至だ。また、友情や恋に悩むカブたちの思いにも大いに共感。幅広い人のハートに届く力作なので、ぜひ劇場で“観戦”しよう。【Movie Walker/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報