『友罪』の生田斗真と瑛太が“慟哭”を演じる難しさを痛感

『友罪』で生田斗真と共演した瑛太
  • 『友罪』で生田斗真と共演した瑛太

「心を許した友は、あの少年Aだった。」これは、神戸児童連続殺傷事件をモチーフにした衝撃作『友罪』(5月25日公開)のキャッチコピーだ。この難しい題材に対し、覚悟を決めて挑んだという生田斗真と瑛太を直撃。

原作は薬丸岳の同名小説で、『64-ロクヨンー』2部作(16)の瀬々敬久監督が本作のメガホンをとった。生田はジャーナリストの夢に破れ、町工場で働き始めた益田を、瑛太は過去に殺人を犯し、いまは鈴木という偽名で働く犯罪者を演じた。本作は、少年犯罪の加害者と、彼に関わる人々の視点から、犯した罪の重さや贖罪の難しさを問いかける。

瑛太と3度目の共演を果たした生田は、瑛太の魅力をこう捉えている。「画面からエネルギーがはみでちゃうところです。自分のなかのストッパーみたいなものを外し、表現の自由さを求めていく。たまに瀬々監督から『ちょっといまのはいきすぎかな』と言われ、そこから引いていくことがあるんですが、僕はそういうことがあまりなくて。アプローチの仕方が違ったりするのかもしれない」。

『友罪』は5月25日(金)より公開中
  • 『友罪』は5月25日(金)より公開中

生田によると、瑛太はテストから本番まで何回かやるなかで、1回も同じ芝居をしないそうだ。「相手が変わるから必然的にこっちの芝居も変わる。その場でのぶつかり合いが、今回は非常に多かったです。僕が演じた益田も根本には、『彼を助けたい、死なせたくない、支えたい』という想いがあると同時に、『こいつはなんてことをしたんだ!』という怒りや悲しみもある。感情がいい意味で1つに定まっていかなかったことも、瑛太から受けた影響が大きかったです」。

瑛太は生田について「俳優としてどういう存在でありたいかという考え方や思想みたいなものは、近いところにある」と感じている。「自分のことをこう見せたいという欲求よりも、作品全体や自分の立ち位置を俯瞰で見て、自分がどう演じるべきかを考えて全力でやっていく。そこは同じかなと。また、『僕はこういう俳優です』とあまり決めつけずに、いろんなところをさまよいながら楽しんでやっているところも自分と似ている気がします」。

少年Aの手記を読んで役作りに挑んだ瑛太
  • 少年Aの手記を読んで役作りに挑んだ瑛太

本作の後半では、2人とも慟哭するシーンがある。それぞれに感情が溢れ出す見せ場だが、その泣き方が実に生々しい。生田演じる益田の泣き方は、無防備でどこか女々しい。

「益田は、中学時代の友人が自殺しています。その友人は死ぬ前に益田に電話をかけ、助けを求めたのに、益田はその救いの糸を切ってしまったので、自分が彼を殺したとどこかで思っている。益田は大人になっても、ある一定の感情が中学生のままで止まっているから、子どもみたいに泣いたほうがいいのかなと思いました」。

瑛太は「俳優で泣く芝居が好きな人なんてたぶんいないんじゃないかな。」と、その難しさを語る。「“気持ち待ち”とよく言われたりしますが、気持ちなんて作れるんだろうかと考えてしまいます。お涙ちょうだいになりすぎると、観る側が急に冷めたりすることもあります。台本には“慟哭”とあったので、それに近い形でやってみたら、瀬々監督から『そうじゃない』と。最終的には微妙な塩梅をねらう感じで、気持ちをコントロールして泣いた感じです。これまで泣き芝居をやったなかでも、あのシーンは自分のなかで残りましたね」と述懐。

過去に罪を犯した鈴木秀人(青柳健太郎)役の瑛太
  • 過去に罪を犯した鈴木秀人(青柳健太郎)役の瑛太

完成した映画について生田は「言葉が出なかったです。この映画をなんて表現したらいいんだろうと思いました。試写のあとでスタッフのみなさんと食事に行ったのですが、しばらく黙ってしまって。こんな映画は経験ないです。おそらく忘れられない昨品になったと思います。映画館の椅子から立てなくなるような作品ができたのではないかと」と手応えを口にする。

瑛太は「辛い役ではありましたが、どこか役者として楽しんでいる自分もいた」と言う。「俳優は嘘つきで、まるで体験したかのように演じ、それをみなさまに観て楽しんでもらうという仕事ですから。小市慢太郎さんが『辛くて窮屈な役をやったあと、それが財産になった』というお話をしてくださったけど、その意味がなんとなくわかった気がします。本作には、映画だからこそできる芸術のあり方や余韻の残し方があると思うし、心になにか突き刺すことはできたんじゃないかなと」。

劇中で、鈴木は益田に自分が犯した罪を告白するシーンがある。生田たちは、誰かに相談事をし、救われたりすることはあるのだろうか?生田は「あまり人に相談しないかもしれないです。されることはしばしばありますが、最終的に決めるのは自分ですから」と言う。

瑛太は、家族とのエピソードを披露。「僕が出演したドラマや映画の完成版や、舞台のゲネプロなどを1番最初に観てもらうのは、基本的に家族なんです。僕は家族の判断やセンスを信じているので、すごく納得するんです。僕にとって人生の先生で、いつも救われています。自分がどんなに悔しい思いをしても、常に支えてくれる。結婚してよかったなと思います」。

生田はそれを受けて「のろけで終わったね。いい家族だなと思いました」とニヤニヤする。瑛太は「ポップに終われた」と笑顔を見せた。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報