映画「ボックス!」初日舞台あいさつで市原隼人「メード喫茶に行ってみたい!」

映画「ボックス!」の初日舞台あいさつに出席した李闘士男監督、谷村美月、市原隼人、高良健吾、香椎由宇、筧利夫(写真左から)
  • 映画「ボックス!」の初日舞台あいさつに出席した李闘士男監督、谷村美月、市原隼人、高良健吾、香椎由宇、筧利夫(写真左から)

映画「ボックス!」の初日舞台あいさつが22日、都内で行われ、出演者の市原隼人、高良健吾、谷村美月、香椎由宇、筧利夫、李闘士男監督が登壇した。

本作は、高校のボクシング部を舞台に、天性のボクシングセンスを持つカブ(市原)と、カブにあこがれボクシングを始めるユウキ(高良)の熱い友情や挫折を描いた青春ストーリー。

市原は「作品を一言で言うと“挑戦”です。せりふがすべて大阪弁というのが初めてだったんですが、妥協がない現場で楽しかったです」と撮影を振り返った。

高良は「この作品で新しい事にもチャレンジできて、自分の中でも特別な映画になりました」と同作の大切さを語った。

一方、筧は「大腸が破裂するほどのパンチをくれた市原と、鼻が陥没するほどのストレートをくれた高良…よく舞台あいさつに来れたな!」と会場を沸かせ、「一番印象に残っているのは、カメラが回ってない時も自分のせりふを言い続けている市原くんです。そんな市原くんを見てエキストラの方も少し引いていたので僕がすぐ止めました(笑)」と冗談交じりに撮影の裏話を明かした。

劇中にはメード喫茶に行くシーンもあり、市原は「(プライベートでメード喫茶に行ったことは)ないですね…でも1回は行ってみたいです」と発言すると、高良は「僕は1回行った事あります。地元の友だちと行きました」と意外な告白をし、周囲を驚かせていた。

映画「ボックス!」
全国公開中

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報