生田斗真、瑛太との再共演を望むも「ポップなもので」とお願い

重いテーマに向き合った生田斗真と瑛太、再共演を希望
  • 重いテーマに向き合った生田斗真と瑛太、再共演を希望

薬丸岳による同名小説を映画化した『友罪』(公開中)の公開記念舞台挨拶が5月26日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、生田斗真、瑛太、夏帆、山本美月、富田靖子、佐藤浩市、瀬々敬久監督が登壇。「次は生田斗真さんが死刑囚、それを見る拘置所の刑務官役を瑛太さんにやってほしい」と生田と瑛太との再タッグを望んだ瀬々監督に対して、生田が「もうちょっとポップなものがいい」とお願いして会場の笑いを誘った。

元ジャーナリストの益田(生田)が、同い年の工員・鈴木(瑛太)と打ち解けていくなか、彼が17年前の連続児童殺傷事件の犯人=少年Aではないかと疑い始める姿を描く本作。神戸連続児童殺傷事件がひとつのモチーフとなっており、生田は「賛否両論ある映画だと思っています」とコメント。「僕たちの願いをたくさん込めた。その願いがたくさんの人に届いてほしい。特にこれから日本を支えていく若い世代の方に観ていただいて、友情とはなにかを議論するきっかけになってくれたら」と力強く語った。

元少年Aを演じた瑛太は、神戸連続児童殺傷事件の加害者・少年Aによる手記を読んだと明かし、「人間も動物である以上、そういった衝動が生まれてきてしまうことに、どこか共感めいたものを感じた。僕は、愛さないとその役を演じることができない。自分自でも(演じた)鈴木を守ってあげたいという気持ちで演じることができた」という。

難役を演じきった生田と瑛太について、佐藤は「この役を自分のなかに一回入れて、吐きだすという瞬間の“吐き気”。それを重々わかって、吐きだしているんじゃないかと思った」と2人の体当たり演技に感心しきり。瑛太は「吐きだすことができた」と充実の表情で、「暴力を受けるシーンが多かった。(相手役の)奥野瑛太くんがアクションが下手で。本当にパンチが当たった。そういうところでも吐き気があった」と茶目っ気とともに語り、会場を笑わせていた。

瀬々監督は「次は立場を逆転した映画を撮りたい」と彼らの再タッグを望み、「僕は『デッドマン・ウォーキング』という映画が好きなんです。次は生田斗真さんが死刑囚、それを見る拘置所の刑務官役を瑛太さんにやってほしい」とお願いした。生田は「ありがたいんですが」と言いながらも、「2人でよく話しているのは、今度はもうちょっとポップなものがいいなと」と苦笑い。瑛太も楽しそうな笑顔を見せていた。

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報