安めぐみ、ラブソングの名曲とともに初めてのラブレターを告白!?

CMで流れるラブレターの内容は安めぐみが中学1年の時のもの
  • CMで流れるラブレターの内容は安めぐみが中学1年の時のもの

人気女優・タレントの安めぐみが、ラブソングばかりを集めたコンピレーションアルバム「ラブレター」のTVCMに出演。 音楽もののCMに初出演となる彼女は、このCMの中で、自身の初めて出したラブレター経験を明かした。

このCMは11/26(水)に発売になるラブソングばかりを集めたコンピレーションアルバム「ラブレター」(BMG JAPAN)のもの。“ラブレター”というタイトルや、CMコンセプトに合う人をということで、異性、同性からも人気が高い安に白羽の矢が立った。

CM内容はドアップの彼女がいきなり登場し、「ラブレター」と一言語ったあと、小田和正「キラキラ」、SEAMO「マタアイマショウ」、スキマスイッチ「奏(かなで)」、MISIA「Everything」というアルバム収録の大ヒットしたラブソングにのせて、 「勇気を出して手渡しました〜付き合いました〜中1でした」という文字テロップが載るという演出。このテロップはなんと、彼女の実話を文字にしたものだという。「初めて出したラブレターは中学1年の時で、結果はその人と付き合いました」という彼女の言葉をそのままCM内で使用。結果彼女の初ラブレターの告白となった。

また、発売前に流れるCMでは「ラブレター出します」、発売後に流れるCMでは「ラブレター出しました」という安めぐみ本人のナレーションも聴ける。「ラブレター」から連想される嬉しさや切なさなどが、彼女の表情と言葉からたっぷり感じとれる内容で、彼女のファンならずとも画面に見入ってしまう仕上がりだ。

安めぐみのコメント

「アップのCMで、とても緊張しましたが楽しかったです。監督からラブレターに関する事前アンケートをお願いされまして、初めてのラブレターについて回答した言葉が実際に使われたのですが、ちょっと恥ずかしい思いもあります」

「ラブレターを出したのは中学の時の一度きりです。2歳上の塾の先輩だったのですが、異性に告白することが初めてだったので緊張して口ではうまく伝えられないと思い手紙を書きました。何度も書き直した記憶があります。なかなか勇気がでず、書いてから渡すまで2週間くらいかかりました」

「人が何か自分の想いを文章に書くことって、絶対にその気持ちはペンに、文字に宿ると思うんです。好きな人のことを想い、文字にする。パソコンや携帯のメールも手軽ですぐ送れますが、やっぱり時間をかけて何かを書く、ということはとても甘酸っぱい行為だし、素敵だなと思います」

「(CD 『ラブレター』は)全て本当に心がギュッと甘く切なくなる曲ばかりで、アルバムを聞いた後は誰かに手紙を書きたくなります。ラブレターを書く時間は間違いなく幸せな時間だと思います。皆さんも久しぶりに愛しい人へラブレターを書いてみてはいかがでしょうか?」

このTV CMは全国地上派で11/25から流れるほか、ラブレターオフィシャルサイトでも視聴が可能となる。また、安めぐみは偶然にもタイトルが同じ、1990年から続く恒例の朗読劇「LOVE LETTERS」の12/10(水)ル・テアトル銀座で行われる公演に鈴木亮平と共に出演する。

【CDリリース情報】
「ラブレター」(2008年11月26日発売)
BVCR-17072 2500円(税込)
歌詞(ことば)で選んだラブソング集。恋する気持ちを綴った14曲のラブレター。 2000年代のヒット曲を中心に、歌詞にこだわったラブソングを集めた究極のラブソング・コンピレーションアルバム。レーベルを超えて豪華アーティストの切ない大ヒット曲が収録されている。収録曲の殆どがコンピCD初収録。

【朗読劇 「Love Letters 〜Christmas Special〜」情報】
12月10日(水)ル・テアトル銀座 by PARCO 開演 19:00 
出演:鈴木亮平 × 安めぐみ
チケット:5,000円 (税込) 公式HP http://www.parco-play.com/loveletters/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報