新田真剣佑&北村匠海が明かす!尊敬し合う2人だからできた『OVER DRIVE』のライバル関係(1/3)

 【写真を見る】『OVER DRIVE』でライバル関係な2人を演じた新田真剣佑&北村匠海に直撃!
  • 【写真を見る】『OVER DRIVE』でライバル関係な2人を演じた新田真剣佑&北村匠海に直撃!

公道を全開走行で駆け抜けるモータースポーツ「ラリー」の世界を舞台に、0.1秒に懸ける若者たちの愛と絆を描いた映画『OVER DRIVE』(公開中)。本作で勝気な性格そのままに無謀な“攻めの走り”を行う檜山直純を演じた新田真剣佑と、沈着冷静でミスのない完璧なドライビングテクニックを持つ新海彰に扮した北村匠海の対談が実現!劇中ではライバル関係のキャラクターで対峙したものの、素顔は大の仲良しだという2人、撮影の裏話や普段のエピソードを“熱~く”語ってくれた。

「匠海の魅力を存分に放って欲しいなと思っていました」(新田)

――『OVER DRIVE』で2人が演じられたのはラリーの天才ドライバーですが、撮影に入る前にはどんな準備をしましたか?

新田「ラリーカーの助手席に実際に乗せてもらって、ドライバーさんの忙しい動きを見て勉強しました。車内であんなことが起きているなんて、本当に想像していなかった。足も腕も首もすべて使っていたし、すごい迫力でした」

北村「僕もラリーカーの助手席に乗せてもらいましたが、コーナーを攻める時のG(重力)が本当にスゴくて。平面を走るジェットコースターに乗っているような感覚だったし、ドライバーさんが車やレースにすべてを懸けている感じは演じる際の参考になりました」

新田真剣佑は勝気で無謀な“攻めの走り”を信条とする檜山直純を演じる
  • 新田真剣佑は勝気で無謀な“攻めの走り”を信条とする檜山直純を演じる

――檜山直純と新海彰はライバルという設定ですが、そこは意識しましたか?

北村「視覚的な情報で2人が張り合っている感じを出さなければといけないと思ったので、とりあえず筋トレをして、体を鍛えました。ところが、真剣佑はさらに鍛えてくるから、負けた~って思いましたね(笑)」

新田「僕は安心感しかなかった。匠海なら全部委ねられるから、匠海の好きなようにやって欲しい、その魅力を存分に放って欲しいなと思っていました」

北村匠海が演じる新海彰は、冷静沈着でミスのない完璧なドライビングテクニックを持つ
  • 北村匠海が演じる新海彰は、冷静沈着でミスのない完璧なドライビングテクニックを持つ

「お互いに少し成長して一緒に映画をやれたのがすごくうれしかった」(北村)

――久しぶりに共演してみていかがでした?

新田「僕は、もともと匠海の芝居が大好きなんです。匠海は同世代で一番好きだし、芝居ができる役者で一緒にいたいと思える人なんですよね。今回も完成した作品を観て、芝居で怖いなと思う役者は匠海だなと改めて思いました」

北村「2人とも友だちが少ないほうなんですけど、僕もドラマ『仰げば尊し』(16年放送)の時に目の前で見た真剣佑の芝居に惚れたし、お互いに芝居で繋がっていった感覚があって。だから今回、お互いに少し成長して一緒に映画をやれたのがすごくうれしかった。それに、一緒のシーンでは毎回印象的な芝居を見せてくれたから、やはり、真剣佑はデカいなと思いましたね」

――どんなところで、そう思ったんですか?

北村「地に足のついた芝居で人間の大きさみたいなものを感じさせてくれたから、ライバル役の僕はそこにぶつかっていけばよかった。真剣佑のおかげで、そういう芝居ができたんです」

新田「匠海も僕にはまだできない芝居を仕掛けられるから、うらやましいし、スゴいなと思う。本当にわずか数秒の顔のアップでなにかを物語りますからね。でも、そう思わせてくれる役者に出会いたいなとずっと思っていたので、今回も成長した匠海の芝居を間近で見られて本当に幸せでした」

ファンも嫉妬する!?2人の仲良しエピソードとは?(2/3)

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報