相武紗季、溝端淳平が『NECK ネック』舞台挨拶で仲良しトーク

左から・溝端淳平、相武紗季、白川士監督
  • 左から・溝端淳平、相武紗季、白川士監督

作家・舞城王太郎の書き下ろし小説を映画化した『NECK ネック』の完成披露舞台挨拶が5月27日、ヤクルトホールで開催され、相武紗季、溝端淳平、白川士監督が登壇。相武はキュートな劇中衣装で、溝端も劇中に登場する首だけを出す機械「ネックマシーン」に入って登場し、会場は大興奮!

ハラハラドキドキ、恐怖と恋は紙一重!?の“胸キュンホラーエンターテインメント”と打ち出された本作。「ネックマシーン」とは、相武扮する主人公・杉奈が編み出した、恐怖心がお化けを作り出すという奇妙な箱のこと。溝端扮する首藤は、彼女の実験台にされるという設定なので、溝端もこのマシーンに入って現れ、会場から歓声が上がる。

相武は「このネックマシーンが似合うのは溝端淳平しかいない」と言うが、溝端はこのマシーンがきらいなようで「早く出してください」と懇願し、会場は大爆笑。その後、マシーンから出してもらい、ほっとする溝端がなんともおかしかった。

ユニークな設定の本作では、方言での演技に苦労したという相武。「福井弁がきつかったので楽しい反面、苦労もしました。また、私は元々あんなに(役のように)テンションは高くないんです。現場でずっと上げようと頑張ってたら、監督に落ち着きがないと言われて。素だと思ってたみたいです」。

それに対して溝端は、「ナチュラルでそのままだと思ってました(笑)。僕は基本的にいつもテンションが高いですが。うっとうしかったですか?大丈夫?」と相武に尋ねると、彼女は「大丈夫、大丈夫!」と笑顔で答えた。

すると、白土監督も「うるさいふたりでした。常にしゃべってるイメージがあって」と笑顔で語りつつ、映画のふたりの胸キュンポイントをこう語った。

「相武さんは食べているシーンが多かったですが、非常に大きい口で姿勢よくバクバク食べる。また、大きい口で笑ったり、悲鳴を上げたり。キュートなお口がさらにキュートで胸がキュンキュンしました。また、溝端くんは後半で乙女チックな表情をされるところがあって。そこは少女のようでキュンときました」。

ふたりは本作の見どころをこうアピール。溝端は「すごい鳥肌も立つし、笑いと恐怖って表裏一体だけど、その中間をいってます。まさしく胸キュンホラーですね」と言うと、相武も「胸がキュンとするし、すべてが新感覚。こんなのもありだ、と見終わった後に思うんじゃないでしょうか。ジェットコースターに乗ってアトラクションを楽しむ気持ちで体感していただけたら」と、自信をもってアピール。

確かに、キッチュで小粋で愉快だけど、結構怖いという、新鮮な胸キュンホラーに仕上がっている本作。デートムービーとしてもおすすめかも!【Movie Walker/山崎伸子】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報