“造形美シュー”も!学生の研究から生まれた“理詰めスイーツ”って?

見た目も“理詰め”で作られた!?山形大学「米粉100%クッキーシュー」(600円/2個)
  • 見た目も“理詰め”で作られた!?山形大学「米粉100%クッキーシュー」(600円/2個)

半熟スイーツや、ミニサイズの姫スイーツなどが人気を集めるスイーツ界。その中でも、かなりユニークなのが、学生の研究から生まれた“理詰めスイーツ”だ。

このスイーツは、6月2日(水)から8日(火)まで新宿高島屋で開催される第3回「大学は美味しい!!フェア」で買うことができる。大学での研究・実習から生まれた食品が集合する同フェアには、31校の大学が参加。お酒やスイーツなど、さまざまな大学発のグルメがそろう。

“理詰めスイーツ”とは、研究の過程で生まれた、“知識の応用”を生かしたもの。例えば山形大学が作る「米粉100%クッキーシュー」(600円/2個)は、発泡成形技術の応用から実現したスイーツだ。工学を応用して作った計算された造形美に、思わず心を奪われること間違いナシ!? 味はカスタードとだだちゃ豆クリームの2種類で、見た目だけではなく味もバッチリ。

農学部の研究が生んだ新しい野菜のロールケーキ「バラフと抹茶のコラボロール」(1501円)を出品するのは佐賀大学。土壌改良研究で注目される野菜「バラフ」を生クリームに入れたロールケーキは、歯切れのよい食感と、ほのかな塩味がポイントだ。

そのほか、会場には研究などの“理詰め”で生まれたスイーツがいっぱい。味や見た目だけでなく、知識という違った切り口から生まれた最先端スイーツを味わってみて。【詳細は東京ウォーカー5/25発売号に掲載】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報