サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

健太郎、21歳のバースデー「実年齢より大人、25歳の器でありたい」(1/3)

出演する今秋公開予定の映画「覚悟はいいかそこの女子。」のスピンオフドラマが、6月26日[火]から放送される健太郎
  • 出演する今秋公開予定の映画「覚悟はいいかそこの女子。」のスピンオフドラマが、6月26日[火]から放送される健太郎

――今秋公開予定の映画「覚悟はいいかそこの女子。」のスピンオフが、6/26[火]からTBSほかで全5話で放送される。今作は椎葉ナナの同名コミックが原作で、学校イチのモテ男が実は観賞用で、実際はリア充から程遠い存在だった…という男子4人組の青春ストーリー。中川大志が主人公の愛され男子・古谷斗和を演じ、健太郎が斗和の幼稚園からの幼なじみで同級生の新見律を演じている。2人は「脱・童貞同盟」の澤田惟智也(甲斐翔真)、久瀬龍生(若林時英)と常につるんでおり、男子4人のわちゃわちゃ感も楽しめる作品だ。

健太郎「恋愛映画やドラマはたくさんありますが、この作品は男友達の関係性がすごくいいんです。例えば、斗和が女子にブワーって押し寄せられたときには、僕ら3人が警備スタッフのように斗和を守るのですが、それは僕らが斗和のことが大好きだから。そういう友達の関係性がすごくいいんです。4人ともバカだし、ヘタレだし、精神年齢も低いのですが、そこもかわいいんですよね!(笑)」

――グループ内の1人が異常にモテるという状況だが、ヒガむこともなく、常に仲良しなのだ。

健太郎「僕らから見るとどんなに女の子の取り巻きがいようが、斗和は斗和。斗和という人間が好きで一緒にいるので、ヒガミもないんです。それに斗和もモテることを嫌みっぽく言わないので、そこもいいんでしょうね」

健太郎が演じるのは恋愛経験がなく、不器用なタイプ(2/3)
6/26[火]ほかスタート
覚悟はいいかそこの女子。
毎週[火]ほか 夜1:28-1:58ほか TBSほか
椎葉ナナ原作の漫画を中川大志主演で実写ドラマ化。超絶イケメンで“愛され男子”な高校生・斗和(中川)と、その仲間である律(健太郎)ら4人組男子高校生のおバカで楽しい日常を描く。

キーワード

[PR] おすすめ情報