智将・竹中半兵衛に思いをはせる!岐阜の菩提山で戦国ハイキング!!

岐阜県にある菩提山は、豊臣秀吉に仕えた智将・竹中半兵衛にまつわる、人気のハイキングコース。半兵衛の居城があった菩提山の登山道入口は4つあり、今回は菩提入口竹中氏陣屋跡からのルートを紹介する。

戦国時代のロマンに浸りながら歩こう!

「竹中氏陣屋跡」は、一族が菩提山山頂にあった城から、拠点を移した陣屋跡。大きな堀の跡、白壁の正門、石垣が残るほか、半兵衛の銅像もある。入場無料で、駐車場やトイレが近いのもポイントだ。

記念撮影にもぴったりなスポットだ!
  • 記念撮影にもぴったりなスポットだ!

1559年、標高402mに築かれた「菩提山城跡」は、必須の立ち寄りスポット。土塁や堀で区画された曲輪の跡が残り、当時の寝所や台所などの配置を見ることができる。そのため歴史的資料としても貴重な場所だ。望遠鏡は無料で利用でき、名古屋駅までを望む大パノラマを思う存分楽しめる。

眼下の垂井町のほか、大垣や養老町まで一望できる
  • 眼下の垂井町のほか、大垣や養老町まで一望できる
山頂の南西部に位置する三の曲輪。竹中家家臣の屋敷跡とされている
  • 山頂の南西部に位置する三の曲輪。竹中家家臣の屋敷跡とされている

「明神湖」は、不破北部ダムの建設でできた湖。西には岩手峠、南東には谷間にある岩手の民家が広がる。明神湖の近くには、「ウサギとカメの岩」と呼ばれる2つの岩があるので、訪れた際には探してみよう!

「ウサギとカメの岩」と呼ばれる2つの岩を探してみよう!
  • 「ウサギとカメの岩」と呼ばれる2つの岩を探してみよう!

1579年、36歳の若さで亡くなった半兵衛を弔うため、子の重門が墓を移した、「禅幢寺(ぜんどうじ)」。その後、竹中氏とその家臣の菩提寺となっている。ここまで来たら、ゴールはもうすぐ!

禅幢寺の敷地内には、半兵衛の墓がある。父・重元の墓もすぐ近くに
  • 禅幢寺の敷地内には、半兵衛の墓がある。父・重元の墓もすぐ近くに

【ハイキングDATA】難易度:★★★☆☆/最高地点:402m(菩提山城跡)/距離:約4.5km/高低差:約324m/時間:約135分/買い出しポイント:JAにしみの岩手支店に自販機あり

竹中氏の貴重な資料の数々がココに!

江戸時代、岩手地区の旗本だった竹中氏が、文武両道に力を注いだ功績をたたえる「菁莪(せいが)記念館」にも立ち寄りたい。竹中氏にまつわる品々や資料が保存、展示されている。半兵衛の生涯を紹介したパネルもある。

陣屋の大型模型や甲冑のレプリカなど、半兵衛ゆかりの資料が展示されている
  • 陣屋の大型模型や甲冑のレプリカなど、半兵衛ゆかりの資料が展示されている

ゴール後のご褒美はこれ!

ハイキングを楽しんだら、自分へのご褒美にご当地グルメを楽しんでみるのもあり。「とらやん」の「半兵衛もち」(110円)は、半兵衛が記した秘伝書にある兵糧を参考に誕生したスイーツだ。しっかりとした餅の食感と、黒ゴマとニンジンが入ったあんが特徴だ。生クリームを加えた「和洋MIX大福」(120円~)もおすすめ!

【写真を見る】半兵衛の秘伝書にちなんだ餅は、みやげの定番!
  • 【写真を見る】半兵衛の秘伝書にちなんだ餅は、みやげの定番!

道中には、数多くの半兵衛ゆかりのスポットが。菩提山でハイキングをすれば、自然の心地よさと戦国時代のロマンを1度に感じられるはずだ!

■竹中氏陣屋跡
住所:岐阜県不破郡垂井町岩手619-2
電話:0584-22-1151(垂井町役場内観光協会) 
時間:24h
休み:なし
駐車場:約40台(無料)
交通アクセス:東海環状自動車道・大垣西ICより西へ約9.5km

■菁莪記念館
住所:岐阜県不破郡垂井町岩手608-2
電話:0584-22-1007(岩手地区まちづくりセンター)
時間:9:00~17:00
休み:火曜
料金:入場無料

■とらやん
住所:岐阜県不破郡垂井町栗原781
電話:0584-22-0609
時間:8:00~18:00
休み:水曜

好評発売中!「東海の山登り&ハイキング 最新版」
料金:896円



「東海ウォーカーWEB」で東海エリアの最新情報をチェック!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報