新定番に格上げ⁉ クセになる「変わりから揚げ」5選

「なにわ風から揚げ」
  • 「なにわ風から揚げ」

肉のうまみを閉じ込めた「から揚げ」といえば人気料理の定番。シンプルな味つけでも十分おいしいですが、下味に変化をつけることで和風・洋風・中華風などいろいろな味を楽しむことができます。今回はバリエーション豊かなから揚げ5選を紹介。いつもとは一味違ったから揚げは、お弁当のおかずやおつまみにもぴったりですよ。

なにわ風から揚げ

【材料・2〜3人分】

とりむね肉 大1枚(約300g)、下味(ウスターソース、しょうゆ 各大さじ1、カレー粉 小さじ1/2)、溶き卵 1個分、青のり 大さじ1、塩、こしょう、パン粉、小麦粉、揚げ油

【作り方】

1. とり肉は皮と余分な脂を除いて縦半分に切り、繊維に沿って1.5cm幅に切る。塩、こしょう各少々をふってボウルに入れ、下味をしっかりもみ込んで、約15分おく。

2. パン粉1カップを保存用密閉袋に入れ、上からめん棒を数回転がして細かくし、バットにあけて青のりを混ぜる。パン粉はめん棒を転がして細かくすると、口当たりのよいころもになるうえ、焦げにくい。

3. 1を小麦粉適宜、溶き卵、2の順につける。

4. フライパンに2~3cmの深さの揚げ油を入れて中温(約170℃)に熱し、3を入れ、途中返しながら2~3分揚げる。

5. 油の温度を高温(約180℃)に上げ、さらに約1分カラリと揚げて油をきる。

(1人分317Kcal、塩分3.5g)

下味にウスターソースや青のりを取り入れて、食い倒れの街・大阪の“粉もの”を再現します。青のり入りのパン粉ごろもは時間がたってもサクサク。下味は手でしっかりともみ込み、その後時間をおくと味がよくなじみます。

中華風から揚げ

豆板醤とラー油を利用すれば、中華風テイストが手軽に作れます。ちょい足しシナモンで深みをプラス。

にんにくとごまの風味が食欲をそそる「中華風から揚げ」
  • にんにくとごまの風味が食欲をそそる「中華風から揚げ」

ミックスハーブ揚げ

バジルやオレガノなど、お好みのハーブで香り高いから揚げに。牛乳入りの下味につけておくと肉の臭みがとれ、ハーブの香りがより際立ちます。

「ミックスハーブ揚げ」
  • 「ミックスハーブ揚げ」

ピリ辛揚げ

タバスコとレモン汁のブレンドで、あと引く辛さに仕上げましょう。肉の多い手羽元は肉質がやわらかく、ジューシーさがGOOD。

「ピリ辛揚げ」
  • 「ピリ辛揚げ」

甘酢じょうゆとりから

とりむね肉を細長くカットしてつまみやすくします。スナック感覚で食べられるので、おやつにもおすすめ。

「甘酢じょうゆとりから」
  • 「甘酢じょうゆとりから」

一口にから揚げといっても、もも肉やむね肉、手羽元など使用する部位はさまざま。同じとり肉でも味わいや食感が大きく異なるので、食べ比べてみてはいかがでしょう?

詳しいレシピはこちら!
なにわ風から揚げ
中華風から揚げ
ミックスハーブ揚げ
ピリ辛揚げ
甘酢じょうゆとりから

ほかにもいっぱい!「鶏の唐揚げ・竜田揚げ」のレシピをチェック!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報