貫地谷しほり「下町は人の優しさや、人とのつながりを感じられる場所」

東京の下町育ち
  • 東京の下町育ち

浅草の老舗和菓子屋を舞台にした人気コミック「あんどーなつ」がドラマ化。和菓子職人をめざすヒロインを演じるのは、注目の若手女優・貫地谷しほりだ。

「この作品は、人の優しさや、人とのつながりの大切さを感じられるところがステキだなと思っています。私が演じる安藤奈津は、とても純粋な女の子。和菓子の道を極めるべく『指導されたい!』っていう気持ちをまっすぐに表していきたいです。私自身は、しかられるのは苦手で、ほめられると伸びるタイプなんですけどね(笑)」

もともと和菓子好きだったので「今回の撮影現場は、和菓子のいい香りがいっぱいなので、うれしい」そう。

「5月の柏餅、お彼岸のおはぎなど、季節ごとに楽しんでます。葛湯や甘酒も好きですね。和菓子は何十年、何百年という歴史があるものですし、お菓子で四季を表現できる。すごい文化だな〜と思います。いままで私は、バレンタインにクッキーを焼くくらいだったので、今回のドラマで本当に和菓子を作れるようになりたいです!」

ドラマは東京の下町が舞台だが、彼女自身も下町育ち。

「道で会う人には『こんにちは』ってあいさつするなど、人とのつながりが感じられるところが、下町の魅力ですね。1話に三社祭が出てきますが、私もお祭りには毎年欠かさず行ってます。かつては、おみこしをかついだりもしてたんですよ! みんなで集まって神社にお参りして、縁日でおいしいもの食べて…。実はことしもすでに行ったんです。楽しいお祭りは、見逃したくないですから(笑)」

朝ドラから1年、連続でドラマ主演が続く超多忙な毎日だが、この夏の楽しみは?

「海に行きたい! 夏の雰囲気を味わえる場所に行きたくなるんです。だから、休みの日になると遠出したいな〜って思っちゃう。忙しくてもアクティブに過ごしたいですね!」【市原咲絵】

●ドラマ「あんどーなつ」
毎(月)20:00〜20:54 TBS
[CAST]貫地谷しほり 國村 準 尾美としのり 細田よしひこ 林家正蔵 柴田理恵 なぎら健壱 白川由美 風吹ジュン
[STORY]洋菓子職人を目指し、状況した安藤奈津(貫地谷)だが、縁あって和菓子店「満月堂」を手伝うことに。やがて奈津は、親方の梅吉(國村)の作る和菓子にひかれていく。そんな時、病床の夫に和菓子を食べさせたいという鈴子(大森暁美)が店にやって来る(7/14(月)放送)。

●かんじやしほり/1985年12月12日、東京都生まれ。NHK「ちりとてちん」で連続ドラマの初主演を務める。ドラマ「キミ犯人じゃないよね?」(テレビ朝日)「風林火山」(NHK)など、主演・出演作多数。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報