プロの朗読付き!天井や壁に投影する“絵本読み聞かせ”プロジェクター発売へ

物語を天井や壁に投影! 「おやすみ絵本シアター」(8925円)
  • 物語を天井や壁に投影! 「おやすみ絵本シアター」(8925円)

絵本の物語を天井や壁に投影できる絵本読み聞かせプロジェクターが登場する。6月26日(土)、タカラトミーより発売される「おやすみ絵本シアター」(8925円)だ。

これは、天井や壁に絵本の映像を投影して、プロの朗読で絵本の読み聞かせが楽しめるプロジェクター。「おおきなかぶ」「三匹のこぶた」「桃太郎」「かぐやひめ」など10話の名作がそろい、親子で布団に入って横になりながら物語を楽しみながら安らぎの時間を過ごせるアイテムなのだ。

商品は、“本体”と“リモコン”、“お話カセット”がセット。使い方はカンタンで、リモコン操作でお話を選び、設定画面で音量や再生設定を選択すればOK。再生設定では、プロの朗読のほか、ママたちが読み聞かせる「おうちの方よみきかせ」モードも選べる。また、物語が盛り上がるページでは、画面上にアクションマークが出るようになっていて、本体のアクションボタンを押すと、効果音を出したり、絵を動かしたりして遊ぶこともできるのだ。

本体のデザインは、絵本をモチーフにしていてベッドサイドにも置けるようなコンパクトサイズ。映像は、一般的な天井高2.4mで投影すると、約80cm角の大きさになる。

「小さな子どもにも分かりやすいシンプルな絵をはじめ、『うんとこしょ、どっこいしょ』などのリズム感を大切にした構成を工夫しました。朗読は、人気アニメキャラクターの声優を多数務めた堀江美都子さんによるもので、ゆっくりとした感性豊かな優しい語りが楽しめます。ぜひ、お子さんと楽しんでください!」と話すのは広報担当の村山麻衣子さん。

秋には別売りのカセット「きかんしゃトーマス」「ディズニー人気キャラクター」(各2625円)も登場予定。ぜひ、1日の締めくくりには、親子で“絵本シアター”を楽しんでみてはいかが。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報