横浜流星のアーティストデビューが決定!プロデュースはGReeeeN手掛けるJIN(1/2)

アーティストとしてデビューすることが決まった横浜流星
  • アーティストとしてデビューすることが決まった横浜流星

人気ユニット・GReeeeNのメンバーが脚本を執筆することで話題の映画「愛唄」(2019年公開)。その主演に抜擢された俳優・横浜流星が、アーティストデビューすることが決まった。GReeeeNのプロデューサーでありHIDEの実兄であるJINがプロデュースし、フィーチャリングにベリーグッドマンのRover(ロバ―)を迎えたラブソング「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」を6月25日にデジタル限定配信でリリースする。

グリーンボーイズ名義で「Mステ」出演も経験済み

「愛唄」は、その名の通りGReeeeN最初のメガヒット曲「愛唄」をモチーフとした作品で、“あらゆる愛の形”を描く感動ストーリー。GReeeeNのヒット曲をモチーフとした映画作品といえば、松坂桃李&菅田将暉が主演し大ヒットした「キセキ―あの日のソビト―」(2017年)が記憶に新しいが、今回はGReeeeN映画プロジェクト第二弾となる。

「愛唄」はGReeeeNのメジャーデビュー年・2007年にリリースされ、オリコンデイリーチャート1位、週間シングルチャートで2位、着うたフルでは史上初のダウンロード数100万件を達成した、GReeeeNにとって大切な楽曲。そんな「愛唄」への思いがメンバー自身の脚本で綴られるとあって、早くも注目を集めている。

今回「愛唄」で主演に抜擢された横浜は、映画「キセキ―」ではメンバーのナビ役を演じ、「グリーンボーイズ」名義で菅田将暉、成田凌、杉野遥亮とともにCDもリリースした。アーティストとして「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)やGReeeeNアリーナライブへの出演もこなし、「キセキ―」のヒットに大きく貢献した。

【写真】「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」でデビューする横浜流星と、同曲に参加したRover
  • 【写真】「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」でデビューする横浜流星と、同曲に参加したRover
横浜流星コメント「歌で表現、素直に嬉しい」(2/2)
  • 1
  • 2
映画「虹色デイズ」 
2018年7月6日公開

映画「愛唄」
2019年公開

「今日もいい天気 feat. Rover(ベリーグッドマン)」

横浜流星アーティストページ(ユニバーサルミュージック)【HP】https://www.universal-music.co.jp/yokohama-ryusei/

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
スタンプも貰えるキャンペーン実施中! 下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報