古きよき良品が集まるアンティークショップで宝探し♪

下北沢駅から茶沢通りを10分ほど歩くと、美しいディプレイが目をひくアンティークショップ「nonsense」が見えてくる。こぢんまりとした店内には家具、食器、工芸品、古道具、アクセサリー、アート作品など、ヨーロッパを中心に国内外で仕入れた商品がずらりと並ぶ。

愛着のわく良品と出会える

作品として独特の雰囲気を持ちながらも、きちんと“使える”日用品たち
  • 作品として独特の雰囲気を持ちながらも、きちんと“使える”日用品たち
【写真を見る】窓際のディスプレイは日によって変わるので要チェック
  • 【写真を見る】窓際のディスプレイは日によって変わるので要チェック

店名の「nonsense」には、カテゴリーや要素にとらわれず、自分たちの経験とセンスで選ぶというこだわりを込めているそう。価値のあるものかどうかよりも、暮らしの中でしっかりと使えて、雰囲気を出してくれるもの。一つ一つの商品に愛着を持っている様子が、棚のつくりや整えられたディスプレイから伝わってくる。

今の季節にぴったりの涼しげな和ガラスや和食器は500円〜
  • 今の季節にぴったりの涼しげな和ガラスや和食器は500円〜
スウェーデンの民芸品ダーナラホースをブラジル流にアレンジした陶器(3000円)はなんともキュート
  • スウェーデンの民芸品ダーナラホースをブラジル流にアレンジした陶器(3000円)はなんともキュート

店主の益子さんご夫妻は、学生のころから好きだった“古きよき”ものを集め、01年にお店をオープン。季節ごとに商品を入れ替えながら、必要に応じて修理やメンテナンス、リメイクもしているそうで、まさにここでしか見つけることのできない出会いの宝庫だ。国籍や年代にとらわれず、2人の審美眼で選ばれたものはどこか共通する雰囲気を持っている。夏の時季は涼しげな和ガラスがおすすめとのことなので、生活を彩る良品を探しに足を運んでみよう。

■nonsense 
住所:東京都世田谷区代沢5-6-16
電話:なし
時間:13:00~20:00
休み:火曜(不定)、水曜 ※祝日の場合は営業
駐車場:なし
交通:小田急電鉄・京王電鉄下北沢駅徒歩10分

今月の街連載はディープタウン・下北沢!東京の街情報は東京ウォーカーWEBで【下北沢の記事をもっと読む】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報