ベラ・ハディッドとケンダル・ジェンナー、超ボディコンでランウェイ!

ベラ・ハディッドとケンダル・ジェンナー
  • ベラ・ハディッドとケンダル・ジェンナー

ベラ・ハディッドとケンダル・ジェンナーの2人がミラノ・ファッションウィークに登場。ヴェルサーチの2019年春夏コレクションでそろってランウェイを歩き、露出度の高いファッションで注目を集めた。

インスタグラムを最大限に利用して有名人の座に上り詰めた“インスタガール”の寵児と言われているベラとケンダル。身長179センチのケンダルは、ストラップレスの超ミニワンピにブラックスウェードのニーハイブーツで登場。黒地に原色の柄が強烈な、いかにもヴェルサーチらしいファッションだ。ニーハイブーツの切り替え部分にも同じ柄が描かれており、手にはゴールドチェーンのバッグ。意志的なまなざしが印象的なケンダルは、派手やかな服でも全く衣装負けしていなかったようだ。

身長175センチのベラは、ショーモデルとしては小柄な方だ。ベラの衣装もケンダルと同じストラップレスの超ミニワンピで、身体にぴっちりと張り付くタイトな黒レザーが色っぽい。一見ボンテージ・テイストのドレスだが、同じ革素材のフリルが身体に巻き付くように飾られていて、フェミニンな雰囲気も残している。

この日のステージには、人気モデルのステラ・マックスウェルも登場。すさまじく長い脚と宇宙人のような小顔で、見る者を圧倒するオーラを振りまいていた。ステラの身長は公称178センチだが、179センチのケンダルよりも長身に見えるほどだ。これらの写真を見たネットユーザーからは、やはり本職のモデルと比べると、ケンダルとベラ、特にベラのスタイルは見劣りがするとの声が多数上がっていた。

とはいえ、一流ブランドが彼女たちを起用するのは、社会への影響力の大きさや宣伝力の高さを評価してのこと。インスタグラムをはじめとする新しい媒体からモデルが参入することで、ファッション業界のスタンダードは今後も変わり続けていくことだろう。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報