上川隆也がスーツ姿で岩場を登る“ミスマッチの極み”(1/2)

上川隆也がロッククライミングに初挑戦
  • 上川隆也がロッククライミングに初挑戦

7月12日(木)にスタートするドラマ「遺留捜査」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)の初回2時間スペシャル(夜8:00-9:48)で、上川隆也がロッククライミングに初挑戦していることが分かった。

上川は、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁し、事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと、超マイペースで空気を読まない不思議キャラの刑事・糸村聡を演じる。

第5シーズンでは、前作に引き続き京都府警“特別捜査対策室”、通称“特対”を舞台に、世間の耳目を集めるような派手な事件から、高度な情報管理が義務づけられる隠密捜査、他府県との合同捜査などを担当する。

そんな特対メンバーが初回2時間スペシャルで挑むのは、文化庁美術品危機管理対策課、通称“文化財Gメン”の女性メンバーが、山中の岩場で遺体となって見つかった事件。臨場した糸村は、まだ残されているであろう遺留品を採取するため、いきなり岩場を登り始める。

撮影は、滋賀県内の山中にある険しい岩場で、高さ20m以上の岩塔がそそり立つロッククライミングの名所でが行われた。前日に雨が降ったため岩が濡れており、足元とのコンディションは良好とはいい難い状況。スーツ姿でクライミングに初挑戦する上川にとっては過酷な条件となった。

しかし、上川は「高い所は決して苦手ではない。とても楽しみでした!」と、実は心待ちにしていたことを告白。

撮影当日は「岩肌が湿っていたので、ちょっとした体重のかけ方でつるんと滑ってしまい、全身を使う作業でした」と語りながらも、登攀(とうはん)シーンを熱演。「岩場の中腹に立ったときの景観は素晴らしいものがありました!」と、初クライミングに感動したことを明かした。

しかし、スーツ姿の男が岩場を登っているという“違和感ありまくりな光景”が広がっており、上川も「岩とスーツって、ミスマッチの極みだったと思います(笑)。ちょっとヒヤッとする場面もありますので、そこも含めてご覧いただきたいですね」と見どころを語った。

上川隆也が初挑戦のロッククライミングを振り返る(2/2)
  • 1
  • 2
「遺留捜査」
7月12日(木)スタート
毎週木曜夜8:00-8:54
テレビ朝日系で放送
※初回は夜8:00-9:48

◆7月スタートの連続ドラマまとめはコチラ◆



ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報