アキバのメイドさんが渋谷に現れる!あっとせぶんてぃーんの「やついフェス」は「新体制らしいパフォーマンスになりました!」

あっとせぶんてぃーんのリーダー・あかりん、サブリーダー・らめ、あいくが新体制として初めて臨んだ「やついフェス」を振り返ってくれた
  • あっとせぶんてぃーんのリーダー・あかりん、サブリーダー・らめ、あいくが新体制として初めて臨んだ「やついフェス」を振り返ってくれた

東京・秋葉原のメイドカフェ「@ほぉ~むカフェ」の現役メイドによるユニット・あっとせぶんてぃーんが6月17日、東京・渋谷で行われた「やついフェス(YATSUI FESTIVAL!)」に出演した。

メンバーの卒業と加入を経て、新体制となったあっとせぶんてぃーん。そこで、リーダー・あかりん、サブリーダー・らめ、あいくが、新体制として初めて臨んだフェスについて語ってくれた。

「やついフェス」では、4thシングル収録曲の「毎日がジェットコースター」「LOVE SONGは歌わない」などを歌唱。あっとせぶんてぃーんらしいキュートなパフォーマンスで、集まったファンを楽しませた。

ライブ後、らめは「メンバーの卒業&新メンバーを迎えて初めてのライブなので、今までとは確実に違ったあっとせぶんてぃーんをお見せできるのが楽しみでした。久しぶりの外部ライブなので、あっとせぶんてぃーんを既に知っているご主人様お嬢様はもちろん、今回初めて見てもらうご主人様お嬢様にも、胸を張ってこれが新体制のあっとせぶんてぃーんだぞ!!と言えるような、そんな気持ちで臨ませていただきました」と、新体制初のフェスを振り返る。

また、あいくは「新体制らしいパフォーマンスになったと思います。今の全力を出して、それでもまだ個々が自分なりに反省点を見つけて、もっと頑張れる!と意気込んでたりして頼もしかったです。ご主人様お嬢様にも、そんなメンバーの勢いが伝わっていたんじゃないかなと思います。40分間というステージで、あっとせぶんてぃーんの魅力や魅せ方もアピールできるチャンスでした。世界観のあるグループだからこそ、こういった持ち時間のあるステージに立たせてもらえたことで、すごくやりがいがありました」と笑顔で語る。

最後に、あかりんは「私たちあっとせぶんてぃーんは、8月に行われる『TOKYO IDOL FESTIVAL』に出演させていただくことが決まっていますので、今年の夏はそこに向かってグループ全体の実力をつけていきたいです。そして、グループ全体のレベルアップだけではなく、メンバー1人1人の個性をもっとご主人様お嬢様にアピールしていけるような夏にしたいと思っています」と誓った。

■4thシングル「毎日がジェットコースター/LOVE SONGは歌わない」
発売中 Aタイプ、Bタイプ:926円(税別)
【HP】at17.jp
【Twitter】@17_maid



◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報