アントニオ猪木「実はまだ観てないんですよ」に辻監督「えっ!なんでですか?」と絶叫

初日舞台挨拶を行った、左から辻仁成監督、林凌雅、アントニオ猪木
  • 初日舞台挨拶を行った、左から辻仁成監督、林凌雅、アントニオ猪木

昨年の東京国際映画祭にてコンペティション部門に日本映画として唯一正式出品され、アントニオ猪木デビュー50周年の今年、映画初主演作として大きな話題を集めた『ACACIA-アカシア-』。6月12日に初日を迎え、角川シネマ新宿にて舞台挨拶が行われた。主演のアントニオ猪木、林凌雅、辻仁成監督の3人が登壇した。

まずはアントニオ猪木がいつもの挨拶で盛り上げる。「元気ですか! 毎回同じ挨拶で俺も飽きてきたんだけど(笑)」。だがその直後「みなさん、どうでしたか? まだ、本人が観ていないんだけどね。今日始めて言うけど」と衝撃の告白。すかさず辻監督が「えっ? 観てないんですか? なんでですか!」と突っ込みを入れながら絶叫する。「映画観てくれますよね? どこで観ますか?」との監督の質問に対して猪木は「映画館で観ますよ。映画は映画館が一番だから」と超優等生の回答を返し、会場から大きな拍手がわき起こる。

続いて子役の林凌雅が「タクロウ役の林凌雅です。今日はこんなに大勢の方に観てもらって嬉しいです。家族や友達に宣伝してください」とちゃっかりアピールするあたり、既に大物感たっぷりだった。今度は辻監督も落ち着いて「ありがとうございます。ちょっと最初から猪木さんが映画を観ていないという衝撃な発言でビックリなのですが(笑)。でも観ていないと聞いて、泣くシーンやリングのシーンなど、ある意味、猪木さんのドキュメンタリーになるような想いの深い作品になったと思うから簡単には観れないのかもしれません」と、自ら熱望した猪木の主演について感慨深く語った。

猪木との共演を聞かれた林凌雅は「猪木さんがプロレスをやっているビデオを見たんですが、すごくかっこよくて。なので、プロレスを教えてもらって嬉しかったし、楽しかったです。あとケーキ屋に連れて行ってもらったり、ダジャレを教えてもらいました。『アリが10匹でありがとう』」とか」とコメントし、会場は大爆笑。

ここで、一足早い父の日の贈り物として林凌雅から猪木へ似顔絵がプレゼントされた。「大魔神(猪木の役名)ありがとう」の言葉に対して、「ありがたいですね。プロレスをやっている時はずっと走ってきて、今になって人の気持ちをゆっくり感じるようになった。今日は明日への贈り物だよね。林くん、ありがとう。泣いていい?」と会場共々和やかな雰囲気に包まれる。

そして最後に猪木から締めの言葉が、そう、もはや十八番と化したあの言葉が。「元気になりましょうね。脳みそから元気になるには大きな声を出すのが一番です。みなさん一緒に『イチ、ニー、サン、ダァー!!』」。会場が一体になった瞬間であった。

本作は6年ぶりの辻仁成監督の作品で、完成から2年近く経っての公開となる。デビュー50周年を迎えると同時に初主演となったアントニオ猪木も、辻監督もまずは安堵していることだろう。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報