下町の雰囲気漂う、大須の鉄板焼き居酒屋へ

上総屋特製豚ニンニク焼(左)、タコネギとろろ(奥右)など
  • 上総屋特製豚ニンニク焼(左)、タコネギとろろ(奥右)など

名古屋・大須に、下町の雰囲気漂う鉄板焼き店「上総屋」(名古屋市中区)が11/11にオープンした。ランチは4種、夜はチーズソーセージなど手作り料理が約40種類そろう居酒屋になる。

ランチの上総屋特製豚ニンニク焼(880円)はソース風味の自家製タレで味付け。タコネギとろろ(590円)はとろろが香ばしい。上総屋肉ぎょうざ(6個390円)は皮がモチモチ、パリパリだ。

通りの景色を楽しみながら食事ができるテーブル席など、アットホームな雰囲気の店構え。営業時間は11:00〜14:30、17:30〜23:00。予算は夜で1人2500円〜。【東海ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報