アン・ハサウェイ、共演者のマシュー・マコノヒーにイラついていた!?

アン・ハサウェイ、共演のマシューに不満?
  • アン・ハサウェイ、共演のマシューに不満?

オスカー俳優、マシュー・マコノヒーの主演最新作『Serenity(原題)』は、共演にアン・ハサウェイやベテラン女優のダイアン・レインを揃えた期待のスリラー映画だ。作中で元夫婦役を演じているマシューとアンだが、撮影中にアンはマシューに対してイラついたことがあったらしい。

OK!誌によると、アンはマシューの男くさい体臭との攻防を余儀なくされていたという。関係者によると、アンは「マシュー、あなたのことは大好きよ。でも臭いの!」と話していたそうで、撮影前に身体を洗ってきてくれとマシューを説得していたとの話も漏れ聞こえている。また別の関係者いわく、2人がからむシーンでは、不快な臭いをごまかすために現場でお香を焚いていたという。

とはいえ、この映画が撮影されたのは1年も前で、今頃この話題が出てくるのには違和感がある。ゴシップの真偽を検証するサイト「ゴシップ・コップ」がアン・ハサウェイの代理人に直接問い合わせたところ、その話はでっち上げだと回答されたそうだ。

マシューにもアンにも迷惑な話だが、マシューの体臭説には根拠があるらしい。2005年に掲載されたピープル誌の記事で“最もセクシーな男性”の1人に選ばれたマシューは、「本人の持つ体臭が一番セクシー」「もう20年以上デオドラント製品を使っていない」と話している。また2008年のプレイボーイ誌のインタビューでは、『フールズ・ゴールド カリブ海に沈んだ恋の宝石』(08)で共演したケイト・ハドソンから「頼むから制汗剤を使って!」と懇願され、撮影中は1日に何回もシャワーを浴びて清潔を保つようにしていたと話している。

2週間前に発表された『Serenity(原題)』のトレーラーには、南の島で汗だくになっているマシューが映っているので、デマもそこから発生したようだ。映画には男くさいマシューだけでなく、下着姿のアンのセクシーショットも随所に盛り込まれており、美しい南の島で起こるスリリングな展開から目が離せない作品となりそうだ。

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報