サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

EXILEのUSA・TETSUYAが浴衣姿で登場!東京五輪音頭-2020-「ゆうゆう踊ろう」を披露

東京2020組織委員会は6月26日、日本の文化であるお祭りを通じて日本を盛り上げる「TOKYO 2020と祭でつながろう」発表会を、新宿パークタワーホール アトリウムで開催した。

日本の祭りで2020東京を盛り上げる!
  • 日本の祭りで2020東京を盛り上げる!

発表会では、スポーツにゆかりのある大林素子、藤井瑞希、田口亜希、山本篤が、会場に設置されたやぐらを囲み、東京五輪音頭-2020-『ゆうゆう踊ろう』を披露。

実際に踊った大林さんは「アスリートとしては、出来栄えに少し反省しております。でも、初めてでも楽しんで踊ることができました」とニッコリ。

藤井も「うまく踊れていたかは別として、こうやって皆さんと踊れたことが楽しかったです」と東京五輪に向けて東京五輪音頭-2020-が日本全国をつながる踊りになることを呼びかけた。

【写真を見る】東京五輪音頭-2020-「ゆうゆう踊ろう」を披露!
  • 【写真を見る】東京五輪音頭-2020-「ゆうゆう踊ろう」を披露!

その後行われた、東京2020公式ライセンス商品における夏の新商品お披露目では、スペシャルゲストとしてEXILE ÜSAとEXILE TETSUYAが登場して会場を盛り上げた。

夏の東京2020公式ライセンス新商品である、花火をモチーフにした白色の浴衣を身にまとったÜSAは「花火のモチーフが、まさに夏らしくていいですね」と浴衣を気に入ったよう。一緒に身に着けていた、オリンピックエンブレムが入った絹貼り短地扇子も「サイズも大きくて凄くいい風がきます。一足先に2020年の風を感じられますね」と時折扇いでは満足げな笑顔。

色違いの紺色の浴衣を着用したEXILE TETSUYAは、アルミ骨の扇子を手にすると「アルミがスタイリッシュですね。木のイメージが強いので、ネオ扇子って感じがします」とこちらも気に入った様子。

2人はこのコーディネートでこの夏行きたい場所について、ÜSAは「やっぱり祭りに行って踊りたいです。2020を先取りで盛り上がっていきたいです」

TETSUYAは「海とか行きたくなりますけど、浴衣を着たら、ビール片手に花火大会に行きたくなりました」と浴衣姿ということもあり、夏を待ちきれない様子ではしゃいでいた。

EXILEのUSA、TETSUYAが浴衣姿で登場!
  • EXILEのUSA、TETSUYAが浴衣姿で登場!

イベントの最後には、東京五輪音頭-2020-が日本全国の多くの人に踊ってもらうための取り組みについて、EXILE ÜSAは「子供から高齢者までが楽しめるよう僕らなりに、アレンジを加えて、地域の特色も入れていければと考えています」、EXILE TETSUYAからは「時間が許す限り各所に行って東京2020大会を一生懸命盛り上げていきたいです。スポーツとエンタテインメントが融合することでみなさんの笑顔が増え、それが日本の元気につながると思います」と意気込みを語った。

キーワード

[PR] おすすめ情報