サービス終了のお知らせ
NewsWalkerは2019年3月26日(火)をもってサービスを終了させていただきます。サービス終了後は各レーベルのサイトにて、ニュースをお楽しみください。

森ガールが火をつけた!人気のポーランドの陶器“リンゴポット”って?

焼リンゴもできる!素朴なポーランド陶器展が開催
  • 焼リンゴもできる!素朴なポーランド陶器展が開催

ぽってりとした厚地に、紺の模様がかわいいポーランドの“リンゴポット”が人気を集めている。森ガール本で特集されるなど、その素朴なかわいさが注目を集め、6月22日(火)から始まるポーランド陶器の展示会「ボレスワヴィエツ陶器 展示販売会」では、多数のリンゴポットが展示・販売される。

“リンゴポット”とは、リンゴ型の形がかわいい陶器。リンゴとバター、砂糖を入れてオーブンで焼くと簡単に焼リンゴができるほか、食器としても使用できる。愛らしい形と柄で、同展では毎年一番人気のモノだ。

魅力は、なんといってもそのデザイン。1つ1つ手で描かれた柄は、水玉や花、木の実など、素朴でかわいい柄ばかり。白地に、紺色や緑、赤などで描かれた陶器は、あたたかみのある優しさを感じさせるのも特徴の1つだ。

約100柄、500個〜700個が出る今回の販売会では、リンゴポット(5000円)のほか、マグカップ(1680円)やプレート(3570円)など、日常に使える陶器がそろう。

また、お手ごろ価格で高品質なのも人気の理由の1つ。マグが1000円台からというお手ごろ価格ながら、オーブン・電子レンジ・食洗機もOKの丈夫さがうれしい。

会期は6月22日(火)〜27日(日)。かわいさと丈夫さで人気のボレスワヴィエツ陶器。1つ1つ絵付けが施された素朴な陶器の魅力にハマってみて。【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報