尾崎豊、ブラピ、坂本龍馬が集団ストーカー!?10年間も別人になりきる男たちの激ヤバな日常をチェック

池松壮亮、満島真之介、大倉孝二が、1人の女性を一途に愛する純愛ストーリー…と聞けばロマンチックな展開を想像してしまうが、7月7日(土)に公開される映画『君が君で君だ』は、そう一筋縄ではいかない。松居大悟監督の完全オリジナルとなる本作は、ヒロインの好きな男性である“尾崎豊”に池松が、“ブラッド・ピット”に満島が、“坂本龍馬”に大倉がなりきり、10年も共同生活をしながら集団ストーカーしている(!?)というトンでもない設定。そんなぶっ飛んだ彼らの異常行動っぷりに注目したい。

姫である“ソン”を守るために国を築く!?

【写真を見る】窓は段ボールで封鎖、壁には愛するソン(キム・コッピ)の写真を貼りつくした彼らの活動拠点“ソンの国”
  • 【写真を見る】窓は段ボールで封鎖、壁には愛するソン(キム・コッピ)の写真を貼りつくした彼らの活動拠点“ソンの国”

3人が溺愛するソン(キム・コッピ)は、元々大学進学のために韓国から来た留学生だった。そんな彼女に出会って恋に落ちた彼らは、ひょんなことからソンの動向を見守り始める。そしてソンの住むマンションの一室が観察できる安アパートに部屋を見つけ、「ソンを守る国をつくろう」と決意。

それから10年経って共同生活がすっかり定着した彼らは、“ソンの国”に住み姫=ソンを守る兵士として、彼女の行動を24時間体制でチェック。ソンの部屋を覗いたり盗聴するだけでなく、“外回り”と称してブラピが外出先を偵察したりと、徹底した護衛体制を敷いているのだ…。

「借金取りよ去れ!」と祈りの舞を捧げる

ソンのピンチを救おうと論争するブラピ(満島)と坂本龍馬(大倉)
  • ソンのピンチを救おうと論争するブラピ(満島)と坂本龍馬(大倉)

来日当初は学生だったソンも、今は“夜のお仕事”で生計を立てている。そんな彼女が借金まみれのヒモ彼氏・宗太(高杉真宙)にいくら貢いでいるかまでリサーチ済みの3人だが、当然金銭的な援助ができる間柄でもないのが現実。それでもいざ借金取りがソンのマンションに現れると、「なにかしてあげたい!」という一心で、すぐさま恒例の“祈りの舞”を始める。狭い安アパートの一室で、3人そろって真剣な表情で踊る様子は、なんともシュールだ。

尾崎豊の名曲をみんなで大合唱!

尾崎豊(池松壮亮)、ブラピ(満島真之介)、坂本龍馬(大倉孝二)を名乗る男たち。本名を捨てて10年間も愛する”姫”をストーカー!
  • 尾崎豊(池松壮亮)、ブラピ(満島真之介)、坂本龍馬(大倉孝二)を名乗る男たち。本名を捨てて10年間も愛する”姫”をストーカー!

尾崎豊の音楽を敬愛するソン。その影響を受けている宗太も「I LOVE YOU」をスマートフォンの着信音に設定。宗太と接触した彼らは、話の途中でも聴こえてくるその着信音につられてすかさず大合唱!

また彼女が落ち込んでいる日には勇気づけようと、ワザと近所に響き渡るほどの大声で「僕が僕であるために」を熱唱するなど、尾崎豊の名曲がハイテンションな物語をますます盛り上げている。3人の本意気の熱唱ぶりを観れば、思わずあなたも一緒に歌いたくなってしまうかも?

『君が君で君だ』は7月7日(土)より公開
  • 『君が君で君だ』は7月7日(土)より公開

ソンを愛する男たちが結託し、不思議な友情関係を結んでいるのもなんだか微笑ましく思えて来る本作。そんな彼らの暮らしぶりが見られるメイキング映像も到着したので、合わせてチェックしてほしい!

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報