「この世界の片隅に」で榮倉奈々が2年ぶりにTBS連続ドラマ出演!(1/2)

近江佳代役の榮倉奈々(左)と、江口浩輔役の古舘佑太郎(右)
  • 近江佳代役の榮倉奈々(左)と、江口浩輔役の古舘佑太郎(右)

TBS系で7月15日(日)から日曜劇場「この世界の片隅に」(毎週日曜夜9:00-9:54、初回は25分拡大)がスタートする。このたび、新たに榮倉奈々と古舘佑太郎の出演が決定した。榮倉がTBSの連続ドラマにレギュラー出演するのは、約2年ぶりとなる。

戦後70年が過ぎ、現代の日本人にも“遠い昔のこと”になりつつある戦争。しかし、当時の人々が戦時下でも感じていた喜びや悩み、幸せは今の時代にも通じるもの。このドラマを「時代劇」ではなく「現代劇」とするために、2018年の現代で悩み、喜び、生きる人々の姿もドラマオリジナルで描いていく。

榮倉が演じるのは、2018年夏に東京から広島県呉市の古民家を訪れる近江佳代。ある理由からここにやってきた佳代は、「北條」と表札のある古民家へ入って行く。彼女は73年前の広島とどんな関係があるのか? また、佳代の恋人で彼女とともに呉を訪れる江口浩輔を、音楽活動の傍らNHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演するなど、俳優としても注目され始めている古舘が演じる。

榮倉奈々、古舘佑太郎らが本作への思いを語る!(2/2)
  • 1
  • 2
「この世界の片隅に」
7月15日スタート 毎週日曜夜9:00-9:54 ※初回は夜9:00-10:19
TBS系にて放送
ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!下のボタンから「友だち追加」しよう!




◆7月スタートの連続ドラマまとめはコチラ◆

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報