絵本の世界を体感!今年も絵本ミュージアムが福岡にやってくる

絵本の世界が飛び出したような空間展示や、親子で楽しめるワークショップなどが楽しめる絵本ミュージアムが、7月19日(木)から8月19日(日)まで福岡アジア美術館(福岡市博多区)で開催される。

2018年のテーマは“こどもの時間”

数々の人気絵本の世界を表現した空間展示は大人も子供も楽しめる
  • 数々の人気絵本の世界を表現した空間展示は大人も子供も楽しめる

今年のテーマは“こどもの時間”。まるで絵本の中に飛び込んだかのような世界が広がる空間展示には、国語の教科書にも掲載された『スイミー』をはじめ、カラフルな色使いで人気の『おばけのバーバパパ』、子どものしぐさがリアルに描かれている林明子さんの『はじめてのおつかい』、ユーモアとファンタジーにあふれる長新太さんの『そらとぶアヒル』、親子の楽しいふれあいの時間を描いた『くっついた』、恐竜親子の愛情物語『おまえうまそうだな』などの絵本が登場する。

観るだけでなく、触ったり耳をすませたりと身体全体を使って楽しめる展示がたくさん
  • 観るだけでなく、触ったり耳をすませたりと身体全体を使って楽しめる展示がたくさん

先端のデジタル技術を使ったハイテクな展示も必見。画面を指でなぞると文字がゆっくりと浮かびあがり物語を読むことができるものや、絵の上で駒を動かすことで、シート同士の磁力によりまるでそこに凹凸があるかのように見える展示など、一歩先ゆく未来の絵本を楽しむことができる。

画面を指でなぞると文字が出て消えて物語を読むことができる
  • 画面を指でなぞると文字が出て消えて物語を読むことができる
先端のデジタル技術を活用した展示は必見
  • 先端のデジタル技術を活用した展示は必見

人気絵本作家と楽しむワークショップも見どころのひとつ

7階のイベント会場では、親子で楽しめる数々のワークショップを開催。宮西達也さんによる絵本の読み聞かせライブなど、当日受付可能なイベントや、TNCテレビ西日本のアナウンサーによる絵本の読み聞かせも開催。

会場には自由に手にとって読むことができる絵本が約1000冊も登場
  • 会場には自由に手にとって読むことができる絵本が約1000冊も登場

絵本の魅力を存分に体感でき、体全体を使ってファンタジーの世界を楽しめるミュージアムへ、家族みんなで足を運んでみよう!

■プレゼント■
絵本ミュージアムのペアチケットを5組10名に!
応募はココをクリック!


⇒九州の最新情報を配信中!九州ウォーカーWEBはコチラ

■NTT西日本スペシャル おいでよ!絵本ミュージアム2018
期間:7月19日(木)~8月19日(日)
会場:福岡アジア美術館 企画ギャラリーなど
住所:福岡県福岡市博多区下川端3-1 リバレインセンタービル7階
時間:10:00~18:00(最終入場17:30)
料金:一般入場1000円、高大生700円、小中生500円、未就学児は無料

キーワード

[PR] おすすめ情報