また公務で手つなぎ!メーガン妃とヘンリー王子の態度に議論紛糾

メーガン妃とヘンリー王子の態度に注目集まる
  • メーガン妃とヘンリー王子の態度に注目集まる

英連邦の若年世代アンバサダーのヘンリー王子とメーガン妃が、5日に開催された「英連邦ユース・レセプション」に出席。英連邦の若きリーダーたちと交流し、連邦諸国の問題解決への取り組みに耳を傾けた。

いつも手をつないだり背中に手を添えたりと、新婚らしいラブラブぶりが隠し切れないヘンリー王子とメーガン妃。しかし、先月26日にバッキンガム宮殿で行われた「ザ・クイーンズ・ヤングリーダーズ・アワード」の授賞式では、珍しく手つなぎやボディタッチを完全に封印。並んで歩く夫妻をとらえた動画を元に、メーガン妃がヘンリー王子の手を取ろうとしたのを、ヘンリー王子がさりげなく避けていたとの報道もあった。

公の場での手つなぎはエチケット違反ではないものの、ウィリアム王子やキャサリン妃をはじめとするロイヤル・カップルは、公の場ではあからさまな愛情表現を行わないようにしている。メーガン妃の手を取らなかった前回の公務を見た人々は、「ヘンリー王子も伝統的な王室カップルの在り方に倣いつつあるらしい」と推測していたのだが、今回の公務ではまたもや元通り。手つなぎはもちろん、メーガン妃がヘンリー王子の腕に触れたり、身体をヘンリー王子の方に傾けて寄り添ったりと、以前と同じように愛情たっぷりの仕草を見せていた。

手つなぎを封印していた公務と今回の最大の違いは、もちろんエリザベス女王の存在だ。前回の行事はエリザベス女王が主催し、場所はバッキンガム宮殿。セレブリティゲストも招いた豪華な授賞式典だったが、今回はエリザベス女王不在で屋外で行われた交流会であり、厳粛度には格段の差があった。

エチケット専門家のウィリアム・ハンソン氏は、「ヘンリー王子とのボディタッチがメーガン妃に自信を与えているのは理解できるし、ロイヤル・プロトコールに違反しているわけではない」と前置きしつつも、「プライベートな仕草を仕事に持ち込むのはプロフェッショナルの態度に見えない」と指摘。「メーガン妃とヘンリー王子は、自分たちが既婚者であること、仕事と立場が最優先であることを自覚すべき」との苦言を呈している。

キーワード

[PR] おすすめ情報