初夏は長袖と短パンの組み合わせでキマリ!!

ファッションブロガーのMBと申します。2014・2015・2016年度の部門大賞/総合大賞を受賞したメルマガ「最も早くオシャレになる方法」などを中心に、誰でもわかる「おしゃれの教科書」的な情報を発信しています。

ほとんどの人がやらないマル秘テク!!

実は真夏でもなく春でもない、「初夏のこの時期にしかできないオシャレ」があります。それは「長袖と短パンの組み合わせ」です。

ほとんどの人がやらない(というかピンポイントの時期にしかできない)のですが、長袖と短パンはシルエット的には最強の組み合わせなんです。

人間の体を綺麗に見せる基本のシルエットは3つあります。

【Aライン】トップスがボリューム大、ボトムスがボリューム小

【Yライン】トップスがボリューム小、ボトムスがボリューム大

【Iライン】トップスがボリューム小、ボトムスもボリューム小

ここでいう「ボリューム大」とは一般的には「シルエットがゆったりしている」という意味ですが、実はシルエットのゆったり感は何も横幅だけで決まりません。面積によって決定されるのです。

例えばロングコートは横幅が細くても着丈が長いため「ボリューム大」となります。どのショップスタッフも必ず「ロングコートには細身のパンツがオススメです」と言うのですが、これは彼らが感覚的に「基本の3シルエット」を会得しているからに他なりません。

さて、面積でボリュームが決定するというのなら、「長袖」と「短パン」の組み合わせは非常にメリハリのあるYラインであり、完成されたシルエットと言えます。長袖は袖の分だけボリュームがあり、短パンは短い分だけボリュームがない。ぜひ実際にやってみてください。ほとんどの人が試したことがないはずですが、鏡の前でやってみると「あれ…?」と思うくらいスタイリッシュに見えます。

ただし、問題は着る季節。上が長袖で下が短パンが通用するのは初夏のみ。限られた季節にしかできないワザですが、これがなんとも綺麗な体型に見せてくれるのでオススメです。

「いくら下が短パンでも長袖じゃもう暑いよ」と思う人は袖まくりくらいならOK。袖をまくっても5分袖くらいになりますから、それでも上下のメリハリは作れます。暑苦しい印象に感じたら袖まくりだけして調整してみてください。

この時期にしか出来ないベストな組み合わせ、ぜひ試してみてくださいね。

■MB(ファッションバイヤー,ファッションブロガー)
年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行うメンズファッションのバイヤー。「Knower Mag 現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」を運営するブロガーとしての顔も持つ。論理性と合理性に満ちた「感覚的ではない」ファッションHOW TOは大反響を得ており、「日刊SPA!」など多くの媒体で執筆活動を行っている。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法」では、“安くてオシャレになるアイテム”を紹介し、即完が続出。まぐまぐ大賞2014年では有料部門ライフ部門賞、2015年では総合大賞2位を獲得。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」も好評配信中。そして、2015年9月に発売した初の著書「最速でおしゃれに見せる方法」は、発売日前に重版が決定し、Amazonではベストセラー入りするなど、大好評を博している。4月には最新書籍「幸服論――人生は服で簡単に変えられる」を上梓。
また、コミックNewtypeで連載している漫画「トラとハチドリ」では、自身のアパレルスタッフの知見を活かして監修を務める。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報