夏の京都は川床へ行こう!編集部が厳選した風情ある「鴨川納涼床」5選

京都の木屋町二条~五条間の鴨川沿いの料理店や茶屋などが夏の期間だけ設ける席を納涼床と呼ぶ。9月30日(日)まで利用できるが、7、8月は夜のみ、9月は昼の納涼床も楽しめる。そんな京都の夏の風物詩“川床”へ、京の味を堪能しに行こう!<※情報は関西ウォーカー(2018年7月3日発売号)より>

「豆屋源蔵」で、繊細な大豆の風味がたまらない豆腐や湯葉をじっくり堪能

自家製の豆腐や湯葉を使った懐石料理店。大豆本来の味が繊細な湯豆腐コースや京都の夏の味覚・鱧を使った鱧しゃぶしゃぶコースなどが床で味わえる。また、画家・山下 清など著名人に愛された茶屋旅荘を使った建物も必見。入口の石畳や細長い廊下など町家の美しさも楽しみたい。

川に向かって左手に二条大橋、右手には御池大橋が眺められる好ロケーション。川風も心地よく吹き抜け、これぞ、夏の京都の醍醐味!/豆屋源蔵
  • 川に向かって左手に二条大橋、右手には御池大橋が眺められる好ロケーション。川風も心地よく吹き抜け、これぞ、夏の京都の醍醐味!/豆屋源蔵
【写真を見る】鱧しゃぶしゃぶコース1万1000円(税サ込、2人より受付)/豆屋源蔵
  • 【写真を見る】鱧しゃぶしゃぶコース1万1000円(税サ込、2人より受付)/豆屋源蔵
メニューはコースのみだが、湯葉(650円)や湯豆腐(1080円)の追加注文はOK/豆屋源蔵
  • メニューはコースのみだが、湯葉(650円)や湯豆腐(1080円)の追加注文はOK/豆屋源蔵
長い廊下を通って川床へ。雨が降れば床から座敷へ移るがどこを見ても絵になる/豆屋源蔵
  • 長い廊下を通って川床へ。雨が降れば床から座敷へ移るがどこを見ても絵になる/豆屋源蔵
料亭旅館のたたずまいが今も感じられる/豆屋源蔵
  • 料亭旅館のたたずまいが今も感じられる/豆屋源蔵
川床は40席。席の間隔もゆったりで、他席との距離感も絶妙だ/豆屋源蔵
  • 川床は40席。席の間隔もゆったりで、他席との距離感も絶妙だ/豆屋源蔵

■川床DATA/予算:5800円~ クレジットカード:可 席料:9月の昼床のみ+500円 予約:予約がベター ※雨天時は室内の席に移動

■豆屋源蔵<住所:京都市中京区木屋町通二条下ル上樵木町490 電話:075-253-1155 時間:11:30~14:30(LO13:30)、17:00~23:00(LO21:00) 休み:不定休 席数:60席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:京阪三条駅より徒歩13分>

「京・鴨川 懐石 櫻」で京情緒あふれる懐石料理でアユ、ハモしゃぶを味わい尽くす

京野菜、ハモやアユといった旬の食材を中心にした、滋味豊かな京懐石コースが味わえる。サクラをモチーフにした器に盛り付けられた独創的なひと皿ひと皿は美しく、まるで一幅の絵のよう。清水寺や比叡山を望む川床で涼を感じつつ、京都の風景と料理を堪能したい。

懐石コース「あやめ」(6480円、税込・サ別)季節の八寸から始まり、造り、ハモのしゃぶしゃぶ、アユの塩焼き、酢の物、寿司、デザートまで全7品/京・鴨川 懐石 櫻
  • 懐石コース「あやめ」(6480円、税込・サ別)季節の八寸から始まり、造り、ハモのしゃぶしゃぶ、アユの塩焼き、酢の物、寿司、デザートまで全7品/京・鴨川 懐石 櫻
欄干に、透かし彫りのサクラのあしらいなど細部まで情趣を感じる/京・鴨川 懐石 櫻
  • 欄干に、透かし彫りのサクラのあしらいなど細部まで情趣を感じる/京・鴨川 懐石 櫻

■川床DATA/予算:コース椿(全6品)4320円~ クレジットカード:可 席料:不要 予約:繁忙期や土日は予約がベター ※雨天時は室内の席に移動

■京・鴨川 懐石 櫻<住所:京都市中京区木屋町御池下ル一筋目東入ル 電話:075-231-1616 時間:11:30~14:00(LO13:00)、17:30~21:30(LO20:00) 休み:月曜(祝の場合翌日)、ほか不定休あり 料金:サービス料10%別途必要(ディナーのみ、コースに含まれている場合あり) 席数:36席 タバコ:禁煙 アクセス:地下鉄京都市役所前駅より徒歩 3 分>

「豆水楼 木屋町本店」で、風情豊かな大正時代の建物で老舗の技が光る自家製豆腐料理を

路地奥に佇む、大正時代築のお茶屋建築を生かした豆腐料理専門店。中に入れば網代天井や坪庭など、往時の華やかなおもかげがそこかしこに感じられる。国産大豆と天然にがりで仕込んだおぼろ豆腐がこちらの名物で、口いっぱいに広がる大豆の優しい甘味と香りが楽しめる。

東山コース(4536円、税サ込・席料別) 冷やしおぼろ豆腐をメインに、豆乳蒸し、お造り盛り合わせなど全9品。上質な豆の風味が満喫できる/豆水楼 木屋町本店
  • 東山コース(4536円、税サ込・席料別) 冷やしおぼろ豆腐をメインに、豆乳蒸し、お造り盛り合わせなど全9品。上質な豆の風味が満喫できる/豆水楼 木屋町本店
大正建築ならではの京情緒漂う川床。2階座敷からも鴨川が眺められる/豆水楼 木屋町本店
  • 大正建築ならではの京情緒漂う川床。2階座敷からも鴨川が眺められる/豆水楼 木屋町本店

■川床DATA/予算:東山(全9品)4536円、高瀬川(全10品)5443円 クレジットカード:可 席料:1000円 予約:繁盛期や土日は予約がベター ※雨天時は室内の席に移動

■豆水楼 木屋町本店<住所:京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町517-3 電話:075-251-1600 時間:11:30~14:30、17:00〜22:00、日祝11:45〜15:00、17:00~21:30(いずれもLO各30分前) 休み:不定休 席数:70席 タバコ:禁煙 アクセス:地下鉄京都市役所前駅より徒歩3 分>

「山とみ」で、豊富にそろうお酒と共に京料理や名物“鉄ピン揚げ”を

お茶屋、お好み焼き店を経て、多彩なメニューを用意する現在のスタイルに。  4 種類のコースでは、湯葉や豆腐、ハモの料理といった京都らしいメニューや、客自らが揚げる名物の鉄ピン揚げなどが堪能できる。山とみ限定の日本酒など、お酒・焼酎と共に味わいたい。

先斗町コース(5500円~、税込・席料別・注文は2人~)ハモなどのお造りをはじめ、名物の鉄ピン揚げ、おでん、焼魚、冷しゃぶなどが味わえる人気メニュー/山とみ
  • 先斗町コース(5500円~、税込・席料別・注文は2人~)ハモなどのお造りをはじめ、名物の鉄ピン揚げ、おでん、焼魚、冷しゃぶなどが味わえる人気メニュー/山とみ
広々とした58席の床席。ドラマのロケにも使われる絶好のロケーション/山とみ
  • 広々とした58席の床席。ドラマのロケにも使われる絶好のロケーション/山とみ

■川床DATA/予算:夜のコースは鴨川(全10品)5500円~ほか クレジットカード:可 席料:500円 予約:要予約 ※雨天時は室内の席に移動

■山とみ<住所:京都市中京区先斗町通四条上ル鍋屋町226 電話:075-221-3268 時間:5~9月11:30~14:00(LO)、16:00~23:00(LO22:30)、土日祝11:30~23:00(LO22:30) 休み:火(祝・祝前日の場合営業) 料金:サービス料なし 席数:100席 タバコ:喫煙可 アクセス:阪急河原町駅より徒歩3分>

「銀水」で、カクテルなどお酒が充実。2軒目やバー利用にも最適

四条通を南へ1分の床席は、上座方向に四条大橋を一望できて情緒たっぷり。ハモやアユなど季節感のある正統派の京料理がおいしく味わえる。バー営業もしているので、川風に吹かれつつ本格的なカクテルも楽しめ、2軒目に使える店としてもチェックしておきたい。

西石垣コース(5000円、税・サ・席料込)先付けは、長刀鉾の模型をあしらった器にのせて提供されるなど、細部までこだわりが! 全9品/銀水
  • 西石垣コース(5000円、税・サ・席料込)先付けは、長刀鉾の模型をあしらった器にのせて提供されるなど、細部までこだわりが! 全9品/銀水
畳に座卓のスタイル。床席からは四条大橋や祇園の夜景が一望/銀水
  • 畳に座卓のスタイル。床席からは四条大橋や祇園の夜景が一望/銀水

■川床DATA/予算:アラカルト650円~、コース5000円~ クレジットカード:可 席料:500円 予約:土日は予約がベター ※雨天時は室内の席に移動

■銀水<住所:京都市下京区木屋町通四条下ル斉藤町140-12 電話:075-351-6600 時間:17:00~翌4:00(LO翌3:00、床利用は17:00〜23:00) 休み:なし 席数:52席 タバコ:喫煙可 アクセス:阪急河原町駅より徒歩2分>

川床のトップシーズンはやっぱり7、8月。週末や休日は予約で満席の場合が多いので、なるべく早めに予約しておくのがベター。当日でも空席があれば入店できる店もあるので、チェックを。

↓関西の最新情報を配信中!「関西ウォーカーWEB」はコチラからチェック↓

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報