綾瀬はるか、藤木直人ら「ホタルノヒカリ2」の出演者は干物女&干物男だらけ!?

「ホタルノヒカリ2」に出演する安田顕、板谷由夏、向井理、綾瀬はるか、藤木直人、木村多江、臼田あさ美(写真左から)
  • 「ホタルノヒカリ2」に出演する安田顕、板谷由夏、向井理、綾瀬はるか、藤木直人、木村多江、臼田あさ美(写真左から)

日本テレビ系で7月7日(水)にスタートする新ドラマ「ホタルノヒカリ2」の制作発表記者会見と第1話完成試写会が20日、都内の日本テレビ局内で行われ、綾瀬はるか、向井理、板谷由夏、臼田あさ美、安田顕、木村多江、藤木直人が出席した。

同作は、「恋愛するよりも家で寝ていたい」という雨宮蛍(綾瀬)が主人公で、'07年に放送された前作から3年後の姿を描く続編。蛍は、職場では“できるOL”を装っているが、休日はジャージーにちょんまげ頭、寝転がってビールを飲み、漫画を読みあさる“干物女”。前作では同居人の高野部長(藤木)と思いが通じ合ったところで終了したが、今回は、その後香港に転勤になった蛍が仕事を終え、3年ぶりに日本に帰国したところからスタート。しばらく音信不通だった高野と再会を果たした蛍は、再び高野がいる第1企画部に配属されるが、プランナー・瀬乃(向井)や後輩・美香(臼田)などが加わり、以前と様変わりした部の雰囲気になかなかなじめずにいた。そんな中、高野が謎の美女・小夏(木村)と会っていることを知った蛍は大ショックを受け、瀬乃と一夜を共にしてしまう。

続編の制作が決まり、主演の綾瀬は「とても楽しく撮影させていただいております。わたし自身もパート2ができることをとても幸せに思っています」と喜びのコメント。藤木は「街を歩いていると『見てますよ! “おしゃれイズム”』って声を掛けてもらい、ありがたいんですが、くりぃむしちゅーの上田(晋也)さんの隣で、ただ黙って座っているだけなので…(笑)。やはり、役者をやっているからには作品を見ていただいて、ぜひ『“ホタルノヒカリ2”、見てますよ』って言ってほしい」と本音を。また、今作から登場する小夏を演じる木村は「“干物女子”に対抗するような、“すてき女子”を演じるんですけれども…3年前の『ホタルノヒカリ』を見ていた時は、『蛍ちゃん、分かる、分かる!』と干物女子寄りだったので、ジャージーを禁止して頑張っております」とプライベートを見直して、役作りしていることを明かした。

今回は、干物女・蛍が高野との結婚にたどり着くのかも見どころの1つとなるが、「“結婚”とは?」と問われた綾瀬は「目標ということで『両親』。自分の両親みたいな信頼し合っていて、いつも笑いが絶えない夫婦はうらやましいなって思います」と理想を語った。一方、木村からの「(結婚とは)『ウインク』。片目をつぶって、ちょっと透けている…ぼやけているくらいがちょうどいい。相手の悪いところをしっかり見てしまうと、それが嫌になったりするので…」とのコメントに、会場は感心した様子だった。

そして、記者から「普段は干物女&干物男ではないのか?」と問われた綾瀬は「お休みの日に、飲み物やリモコンとかを歩いて取りに行かなくていいように、必要な物を自分の周りに置いて…これはまさしく…(干物女)と思います」と照れ笑いを浮かべ、向井も「僕も、家ではスエットでビールなんで…。“干物男”と言われても悔しくもないくらい」と賛同。出演者がみんな“干物”だと主張する中、最後に答えることになった藤木は「みんな、“干物”でいいんですか!?」と心配しながらも、「僕も干物男ですね。物が片付けられなくて…脱いだ物を見ると、自分がどういうふうに脱いだか分かるくらい(笑)」とほかの出演者と同じく干物っぷりを明かした。

「ホタルノヒカリ2」
7月7日(水)スタート
毎週水曜夜10:00-10:54 日本テレビ系で放送
※初回は夜11:09まで放送

キーワード

[PR] おすすめ情報