ジョニデに激似の息子、病気どころか恋人と南仏ビーチで熱々キス!

ジョニーの息子の病気はデマ?
  • ジョニーの息子の病気はデマ?

ジョニー・デップとヴァネッサ・パラディの息子ジャック(16)が、フランス南西部のビアリッツのビーチで恋人とキスをする様子をパパラッチされている。

母親のヴァネッサと、6月30日に電撃結婚したばかりの映画監督で作家のサミュエル・ベンシェトリとともにビーチを訪れたジャックは、黒地に黒と白の花模様の入ったミドル丈の海水パンツにサングラス、恋人は真っ白なビキニに野球帽という出で立ちで、ビーチに敷いたタオルの上に寝そべっている様子などがパパラッチされているが、ジャックが本を持った恋人と話したり、キスをしたりと、太陽に負けないほどの熱々ぶりだ。

ジャックが公の場でパパラッチされるのは極まれなのもあり、2年前に姉のリリーとパパラッチされた際の背の低くて頼りないジャックとはまるで別人。当時も「横顔がジョニデに似てる?」と言われていたが、あまりの成長ぶりにネットユーザーたちも驚いたようで「顔はよく見えないけど、サングラスから覗く目元や雰囲気がジョニデに激似!」

「身長、筋肉質なボディ、すっかり大人になった」「どうかこのまま、一般人でいてね」「イケメンだから、ジョニデの代わりに出てきてほしい!」「リリーと違って奥手かと思ったら、しっかり恋人いたんだね」「楽しそうでよかった」といった声があがっている。

FOXニュースなどによれば、ヴァネッサ・パラディが6月26日にパリで予定されていた最新映画のプレミアをドタキャン。その理由として「ジャックの重篤な病気」と伝えられていたため病状が懸念されていたが、ジャックはヴァネッサが電撃結婚した30日の挙式にもしっかり出席していた。

また、ドイツでツアー中だったジョニーも様子に変化なしだったことからデマだったようだと伝えられていたが、この様子を見る限り、元気いっぱいのようだ。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報